*

脳科学と人工知能 シンポジウムと公研

本日2018年10月13日日本学術会議講堂で開催された標記シンポジウムを傍聴した。傍聴後帰宅したら公研10月号が贈られてきており、シンポジウムと同じテーマの西垣通氏の文章がでており興味深く読ませても

続きを見る

ノーム・チョムスキー著『誰が世界を支配しているのか』を読んで

アマゾンの書評で「太平洋戦争前に米国は自らの勝利を確信すると共に、欧州ではドイツが勝利すると予測し、両国が世界を支配する戦後を想定していたという話には驚かされるが、大戦直後の世界における米国の力は圧

続きを見る

3-② 2018年9月23日 ソウル 北村韓屋村、清渓川、敵産遺産にソウル駅

仁川から金浦へのトランジット  交通機関が便利になると、単純なトランジットではない移動形態が増加する可能性がある。 航空の夜間飛行やラウンジの仮眠施設を組み合わせて、短時間の観光施設訪問が可能

続きを見る

3-➀ 2018年9月22日 ウルムチ、トルファン日帰りツアー

https://photos.google.com/share/AF1QipOlsi4m4MZPEsagc7nWWK7vDEwVsJpfzejs_T1A3J4GSdzC7-47oVO12Iz_cPuu

続きを見る

2-⑨ 2018年9月21日 ビシケク→陸路→アルマトイ→深夜便→ウルムチ

ビシュケクからウルムチへの移動に陸路を考えた。当初タシケント・サマルカンド間を鉄道移動する予定であったからなおさらだが、空路に適当なものがなかったからだ。直接ウルムチへの移動は、9時半発中国南方航空1

続きを見る

2-⑧ 2018年9月20日 タシケント朝の地下鉄とキルギス共和国(138)ビシケク空港からホテルに向かう騒動

タシケントでは50年前に大地震があったそうだ。私は全く記憶がない。 地下鉄に乗ってみる。アルマトイに次ぐ、中央アジアでの地下鉄だそうだ。ユーラシアのパンフレットに駅ホームのの装飾が紹介されていた。 h

続きを見る

2-⑦ 2018年9月19日 ウズベキスタン・サマルカンド見学

https://photos.google.com/share/AF1QipOoPParuqdfCoiGplijab23w1D8AKGC3x0hWbDVJIeRNCHUxZBaSXa3A5rX7NJE

続きを見る

2-⑥ 2018年9月18日 カザフスタン・アルマトイからウズベキスタン(137)・タシケントへ移動

アルマトイのホテルのそばの雑貨屋で朝食を購入。有り金といっても10ドル分もないが。 タシュケントは、ウズベキスタンの首都。ウズベキスタン北東部、シルダリヤ川の支流であるチルチク川の流域に位置する歴史

続きを見る

2-⑤ 2018年9月17日 早朝のアルマトイ観光、タジキスタン(136)・ドシャンべ日帰り旅行

 朝、アルマトイのホテルの周りを散歩。碁盤の目のように道ができており、街路樹も多い。トロリーバスが張り巡らされている。道には駅の売店みたいなものがあり、便利にできている。 朝の11時の飛行機に乗るため

続きを見る

2-④ 2018年9月16日午後バクーからカザフスタン(135)・アルマトイへ

GYD 13:00発 KC112  ALA 18:15着 エアアスタナでアルマトイに向かう。カスピ海を横断し、砂漠地帯を延々と飛行するが、見ていて飽きない。カスピ海が国際法上の海だいう

続きを見る

no image
脳科学と人工知能 シンポジウムと公研

本日2018年10月13日日本学術会議講堂で開催された標記シンポジウ

no image
ノーム・チョムスキー著『誰が世界を支配しているのか』を読んで

アマゾンの書評で「太平洋戦争前に米国は自らの勝利を確信すると共に、欧

3-② 2018年9月23日 ソウル 北村韓屋村、清渓川、敵産遺産にソウル駅

仁川から金浦へのトランジット  交通機関が便利になると、単純な

3-➀ 2018年9月22日 ウルムチ、トルファン日帰りツアー

https://photos.google.com/share/AF1

2-⑨ 2018年9月21日 ビシケク→陸路→アルマトイ→深夜便→ウルムチ

ビシュケクからウルムチへの移動に陸路を考えた。当初タシケント・サマルカ

→もっと見る

PAGE TOP ↑