*

「起業という幻想」白水社 スコット・A・シェーン 職を転々として起業に身をやつす米国人の姿は、産学官が一体になって起業を喧伝する日本社会に一石投じることは間違いない。

公開日: : 最終更新日:2023/05/27 出版・講義資料

 

マイクロソフトのビル・ゲイツ、アップルを立ち上げたスティーブ・ジョブズ、オラクル創業者のラリー・エリソン。こうした人物に象徴されるように、身ひとつでたたき上げた「起業」に成功して巨万の富を築くというアメリカン・ドリームは今なお、〈神話〉として米社会を根本で支えている。
しかし、本書によれば、現実はまったく異なる。連邦準備制度理事会や国勢調査局などの経済統計から浮かび上がる起業のごくありふれた光景はこんな具合だ。
米中西部の都市ララミー。大学中退歴のある40歳代の白人既婚男性が「よそで働きたくない」という動機から職を転々とし、挙句、生活が逼迫して起業に手を染める!
もちろん、そんな彼が手掛けるビジネスはアメリカン・ドリームとは程遠く、建設会社や自動車修理工場のようなローテクに限られる。そして、資金繰りは芳しくなく、5年以内に消える運命にある……。
本書は、経済成長や雇用創出(失業率)、人種や性別まで、統計を駆使して、もうひとつのアメリカを浮き彫りにする試みでもある。職を転々として起業に身をやつす米国人の姿は、産学官が一体になって起業を喧伝する日本社会に一石投じることは間違いない。

 

[目次]
 謝辞

イントロダクション
 起業とは何か/起業に関するイメージ/神話を信じ込んでいるとどうなってしまうのか/
 本書を読むべきなのは誰か/本書ではどのような問題を取り扱うのか/たとえば

第一章  アメリカ──起業ブームの起業家大陸
 起業家の数は増えていない/アメリカでの起業は低調である/
 国によってスタートアップの数が多くなるのはなぜか/国内でスタートアップが占める割合の相違/
 地域間の起業の違いを説明するのは何か/結論

第二章  今日における起業家的な産業とは何か?
 どのような産業分野で起業家はビジネスを始めるのか/なぜ特定の産業が起業家の間で人気なのか/結論

第三章  誰が起業家となるのか? 
 起業家のマインド/なぜビジネスを始めるのか/起業家は“優れた”人間なのか/
 起業家になることは若者の専売特許なのか/実社会で痛い目に遭うことがビジネスを始める導きなのか/
 専攻が重要なのか/経験の重要さ/生粋の地元育ちよりも移民のほうが起業家になりやすいのか/
 コネより知識/結論

第四章  典型的なスタートアップ企業とは、どのようなものなのか?
 新たなビジネスのほとんどはとても平凡である/たいていのスタートアップは革新的ではない/
 たいていのスタートアップはごく小規模である/成長を目指すビジネスはわずかである/
 新たなビジネスの多くは競争優位を欠いている/半数は在宅ビジネスである/
 起業家はどのようにしてビジネスアイデアを思いつくのか/起業家はどのようにビジネス
 アイデアを評価しているか/ビジネスを立ち上げる/会社立ち上げは成功例よりも失敗例のほうが多い/
 チームで起業?/結論

第五章  新たなビジネスは、どのように資金調達をしているのか? 
 ビジネスを立ち上げるのにどれくらいのお金が必要なのか/主な資金源は創業者の貯金/
 お金持ちのほうが起業しやすいのだろうか/個人的な負債/どんな企業が外部資金を獲得するのか/
 負債か株式か/スタートアップは銀行から借り入れできるのか/外部からの株式資本による資金調達/
 ベンチャー資本はあなたが考えるほど重要ではない/ビジネスエンジェルの実像/結論

第六章  典型的な起業家は、どのくらいうまくやっているのか? 
 典型的な新たなビジネスは失敗する/ビジネスから撤退する/起業家はそれほど儲からない/
 起業によるリターンは不確実である/起業家は投資資金に対する追加的なリターンを得られない/
 起業家はベンチャーの展望について過剰に楽観的か/ごく少数の起業家が大成功を収める/創業者の満足/結論

第七章  成功する起業家とそうでない起業家の違いは何か?
 時間とともに容易になる/どの産業で、ということが非常に重要/ほとんどの起業家は愚か者なのか/
 ほかにやるべきことは何か/よりよい起業家になるための準備は可能だ/正しい創業の動機を持て/結論

第八章  なぜ、女性は起業しないのか? 
 女性はあまり起業家にならない/なぜ女性起業家の割合は低いか/女性のスタートアップの業績は/
 なぜ女性が創業したビジネスの業績は貧弱なのか/結論

第九章  なぜ、黒人起業家は少ないのか? 
 なぜ黒人起業家の割合はかくも低いのか/黒人によるスタートアップの業績はどうだろうか/
 なぜ黒人が保有するスタートアップの業績はよくないのか/結論

第十章  平均的なスタートアップ企業には、どの程度の価値があるのか? 
 経済成長/雇用拡大/雇用の質/結論

 結論
 起業の現実/われわれは何をなすべきか
 訳者あとがき 
 解題(西村創一朗、中野剛志、柴山桂太) 
 註

関連記事

no image

『金融資本市場のフロンティア 東京大学で学ぶFinTech、金融規制、資本市場』に学ぶべきMaaS

本書を読んで、アンバンドリングとリバンドリングという言葉に出会った。金融機能が、テクノロジーが導入

記事を読む

書評『法とフィクション』来栖三郎 東大出版会

観光の定義においても、自由意思を前提とするが、法律、特に刑法では自由意思が大前提。しかし、フィク

記事を読む

『本土の人間は知らないことが、沖縄の人はみんな知っていること』書籍情報社 矢部宏治

p.236 細川護熙首相がアメリカ政府高官から北朝鮮の情勢が緊迫していること等を知らされ、米国は

記事を読む

no image

三谷太一郎『日本の近代とは何であったか』なぜ日本に政党政治が成立したのか

1 なぜ日本に政党政治が成立したのか (これまではなぜ政党政治は短命に終わったかを論じてきた)

記事を読む

河口慧海著『チベット旅行記』の記述  「ダージリン賛美が紹介されている」

旅行先としてのチベットは、やはり学校で習った河口慧海の話が頭にあって行ってみたいとおもったのであるか

記事を読む

no image

『海外旅行の誕生』有山輝雄著の記述から見る白人崇拝思想

表記図書を久しぶりに読み直してみた。学術書ではないから、読みやすい。専門家でもないので、観光や旅行

記事を読む

『ルポ ニッポン絶望工場』井出康博著

日本で働く外国人労働者の質は、年を追うごとに劣化している。 すべては、日本という国の魅力が根本のと

記事を読む

『諳厄利亜大成』に見る、観光関連字句

諳厄利亜大成はわが国初の英語辞典 1827年のものであり、tour、tourism、hotelは現

記事を読む

ヒマラヤ登山とアクサイチン

〇ヒマラヤ登山 機内で読んだ中国の新聞記事。14日に、両足義足の、私と同年六十九歳の中国人登山

記事を読む

no image

『脳の誕生』大隅典子 Amazon書評

http:// www.pnas.org/content/supp1/2004/05/13/040

記事を読む

PAGE TOP ↑