*

2015年7月12日・日曜日の新聞(脳のこと)

公開日: : 最終更新日:2023/05/20 脳科学と観光

当日は朝日にも読売にも脳に関する記事が掲載されていた。読売は『意識はいつ生まれるか』マルチェッロ・マッスィミーニ、ジュリオ・トノーニ著(亜紀書房)に関する岡ノ谷一夫氏の書評。「哲学的ゾンビ問題」に関し、著者のイタリア人はごちゃごちゃ言わずにモデルをつくって実験しようという態度で臨んでいるとする。神経細胞のような素子をどのように結合すれば意識が生じるかについて具体的なモデルをたてる。これが「統合情報理論」、素子がお互いに全結合しているとすると、いくら素子が多くても取りえる状態は全部が活動するか全部が休止するかの2状態しかない。ところがこれらの結合を適当に間引いてゆくと、多くの状態をとりえる。しかし間引きすぎると再び状態数は減少する。以上が骨子で、検証するため、脳に強い磁場をあて脳波の伝播状態を調査。麻酔時は局所、夢を見ているときは広範囲に伝播する。というわけで意識は多くの素子が適度に統合される際に生じると言う仮説を得るに至る。意識の科学が可能

朝日は「科学の扉」の欄の特集。脳の地図つくりを目指す大型プロジェクト。脳全体のマクロレベルから細胞単位のミクロレベルまで、MRIにより神経細胞を精密に捉えた様々な地図(三次元)をつくる。現在は脳の神経細胞は複雑すぎて規則性がわからない。構造がわかっただけでは脳の機能はわからない。「活動」を脳全体で捉える「機能マップ」が欠かせない。そのための新技術の開発が必要。例えば赤い蛍光を発するセンサーである。

http://digital.asahi.com/honshiimage/launcher.php?ap=JOK4WH%2Fv6VSGIVh9JUSHfTfbsYTDyXqSa8sZfWH%2BQ%2BBAb0TVqaBkE9A8AvP%2FOgYpwUO%2FwjfFX2eGMXGDLcgLEOKYAN5nASOGQ2aNrqzDRz2iDbjfvrEJRcwdr2BsPer2q%2FT84pM7bFpGRLYyYo1ViCIPGud3sV0rHIZmOFEyqko%3D&pid=1

関連記事

no image

Quora 現代科学では、人工生命は可能なのでしょうか?

可能です。何しろ既にできています。 こちらに示しているのが人類が現段階で到達している最先端の

記事を読む

no image

動画で考える人流観光学 観光情報論 錯覚

https://youtu.be/WnsXhHJ_HJE

記事を読む

『サイボーグ化する動物たち 生命の操作は人類に何をもたらすか』作者:エミリー・アンテス 翻訳:西田美緒子 白揚社

DNAの塩基配列が読破されても、その配列の持つ意味が分からなければ解読したことにはならない。本書の冒

記事を読む

no image

書評『情動はこうしてつくられる』リサ・フェルドマン・バレット 紀伊国屋書店

参考になるアマゾンの書評の紹介 ➀  本書のサブタイトルにある「構成主義(const

記事を読む

no image

2019年11月9日日本学術会議シンポジウム「スポーツと脳科学」聴講

2019年11月9日日本学術会議シンポジウム「スポーツと脳科学」を聴講してきた。観光学も脳科学の

記事を読む

no image

書評『ロボットと生きる社会』

新井紀子 AIが下す判断と人間が下す判断は違う AIは基本は検索。人間は実験ができないので科学的に

記事を読む

no image

『脳の誕生』大隅典子 Amazon書評

http:// www.pnas.org/content/supp1/2004/05/13/040

記事を読む

no image

保護中: 意識と量子力学とAI

量子力学には興味はあるものの、私の頭では理解できないことはわかっている。でも、わかりやすい解説がある

記事を読む

no image

観光行動学に求められるもの 臭覚(匂い、臭い)についての理解

匂いについての下記解説を読んだ。臭覚により、人間は認知している面があるから、ロボットも認知できるた

記事を読む

動画で考える人流観光学  観光情報論 ミラーニューロン

https://www.ted.com/talks/vilayanur_ramachandran_t

記事を読む

PAGE TOP ↑