*

ホーキング語録

I have never found that my lack of social graces has been a hindrance…

In physics it doesn’t matter what school you went to or to whom you are related. It matters what you do.

One result of my illness has been to change all that. When you are faced with the possibility of an early death, it makes you realized that life is worth living and that there are lots of things you want to do.

In fact, my disability has been a help in a way. It has freed me from teaching or sitting on boring committees, and given me more time to think and to do research.

To my colleagues, I’m another physicist, but to the wider public, I became possibly the best-known scientist in the world. …partly because I fit the stereotype of a disabled genius.

 I regard the brain as a computer which will stop working when its components fail. There is no heaven or afterlife for broke  down computers; that is a fairy story for people for afraid of the dark.

If you understand how the universe operates, you control it, in a way.

関連記事

no image

博物館と植民地の教材 ベルギーの王立中央アフリカ博物館

https://courrier.jp/news/archives/149847/

記事を読む

no image

1932年12月16日『白木屋の大火始末記』

関東大震災の始末が終了したころ 地下三階地上七階建てデパートの4階から出火 クリスマスツリーの豆電

記事を読む

no image

高木由臣 公研2019.1月「ゾウリムシ研究でたどり着いた『私の生命観』」

生命とは死なないのが本来の姿であり、死ぬことができるように進化した どうして? どのように?

記事を読む

no image

歴史は繰り返す遊興飲食・宿泊税とDMO論議 

デスティネーションを含んだDMOなる言葉が独り歩きしている。私がカタカナ用語のデスティネーションを

記事を読む

no image

試験問題1(歴史や伝統は後から作られるということを何度か述べました。その実例を自分で考えて3編以上紹介し、観光資源としての歴史、伝統の活用について、400字以内で論述せよ。)

この設問は、事前に講義中に出題しておいた。実例を自分で探してもらうためだ。出席していない学生は教科書

記事を読む

11月4日 チームネクスト合宿 in ニューヨーク 4日目

朝ホテルで朝食。そのあと、地下鉄でStonewallに行く。地下鉄のチケットの買い方一つでも戸惑うも

記事を読む

no image

「尾原和啓氏(ITジャーナリスト)×松尾豊氏(東京大学大学院准教授)「日本がAIで勝負すべき、AIプラットフォームビジネスの次の次」」の重要点抜き書き

下記サイトに記事が出ている http://ascii.jp/elem/000/001/783

記事を読む

no image

保護中: 『植物は未来を知っている』ステファノ・マンクーゾ著  メモ書き

『植物は<未来>を知っている――9つの能力から芽生えるテクノロジー革命』(ステファノ・マンクーゾ著、

記事を読む

no image

外国人労働者受入と外国人観光客受入は違うのか違わないのか?~「人流による収斂」と「金流による収斂」~

国際観光が政策として叫ばれているが、その政策的意義が考えれば考えるほどわからなくなってきた。それは移

記事を読む

no image

芦原伸『新日本奥地紀行』めも

イサベラバードの日本奥地紀行をもとに新たに描いた紀行文。新たに描かれた部分にはオリジナリティーが少な

記事を読む

PAGE TOP ↑