*

はじめに 人流・観光論の基本的視座

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 戦跡観光

 観光学研究、特に観光政策学研究において、何のために「観光」を論じるのかを考えると、「観光」と「観光以外のもの」の違いが何にあるのかを考えざるを得なくなる。その結果字句「観光」概念の使用に限界を感じ、字句「人流」を提唱している。字句「観光」のかわりに字句「ツーリズム」を字句「tourism」と同義に用いる考え方もあるが、本質的な解決にならないことは、「「観光」の誕生から「人流」の提唱」(帝京平成大学紀要第26巻第2号、pp287-299 2015年3月)でも論じたとおりである。
 
 
 字句「人流」の使用例は、法務省入国管理局編集協力のもとに(財)入管協会が、1987年6月から出入国管理統計及び在留外国人統計に着目した『国際人流』という月刊誌を発行し始めたときまでは遡って確認できる。1994年度運輸白書においても「国際人流に関わる諸問題」として入国管理局と同じ概念を用いて記述している。研究者の間でも「国際人流の時代「じゃぱゆきさん」の時代」 村井 吉敬著『講座東南アジア学10 東南アジアと日本』弘文堂1991年、『岩波講座近代日本と植民地5  膨張する帝国の人流』岩波書店1993年等に使用されている。移動する動機付けを問わない概念であるから観光も含まれるはずであるが、人の移動が定住地から離れざるを得ない理由によるものが主流であるところから、研究者が使用する場合には概してネガティヴな文脈のなかで使用されている。これらの過去の使用例は、保管等を含む物流概念に対比する意味での、宿泊等を含めた人流(Human Logistics)概念にまでの広がりはみられない。
 

 人を移動させる動機付けに限定しない人流概念を論じると、20世紀に発生した戦争に関わる歴史認識問題が避けられなくなる。むしろ、先行研究は歴史問題、政治問題を中心として人流を論じている。その一方で、観光としての歴史認識に踏み込んだ先行研究は、高媛「観光の政治学 戦前・戦後における日本人の「満州」観光」(2004年度東京大学人文社会系研究科博士論文)、李良姫「植民地朝鮮における朝鮮総督府の観光政策」(『北東アジア研究』(13), 149-167, 2007-03)等が存在するが、歴史認識問題等に踏み込みすぎると観光学としての論じ方の共通性が見いだせなくなってしまう。

 ユネスコに対する端島(軍艦島)の世界遺産登録、「南京大虐殺」、「慰安婦」の記憶遺産登録をめぐり、日本と中国、韓国の間で外交問題に発展した。いずれも歴史認識問題から発している。記憶遺産は歴史的出来事を検証・顕彰できる一次記録物が対象であり、記録遺産とする方が正確であるが、記憶遺産として人を移動させるまでの力を示すイメージの方がわかりやすい。当時の日記や写真、映画フィルム、旧日本軍の戦争犯罪を裁いた南京軍事法廷の記録文書などとされるから、博物館等に収蔵され、展示されることとなる。結果において観光資源として活用されることになる。「記憶」刺激の強弱はメディアへの露出性で決まるから、外交問題になればなるほど刺激性が増すというパラドックスを抱えることになる。

 「人を移動させてまで見に行かせる力を分析するという視点」は、歴史的事実の評価とは別の形で、映像化、ドラマ化し、移動の刺激を生じさせ、人々の観光記憶資源となる。「カサブランカ」「戦場にかける橋」等世界的に名画と認識されているものは、フィクション、ノンフィクションを織り交ぜて制作されているが、多くの映画ファンに支持され、その使用された材料は、人を移動させる観光資源として活用されている。この人を移動させる力の測定は、訪問客数、支払額等もあるが、メディアによる登場回数も客観的なものと認識できるであろう。新聞であれば、朝日新聞の記事検索システムによりヒット数が把握でき、インターネットであれば、Google等の検索数により把握できる。本稿は、観光学研究として、歴史認識の違いを問題にするのではなく、人を移動させる力に着目して分析する立場で歴史認識論議を深められないかというのが趣旨である。

関連記事

no image

『官僚制としての日本陸軍』北岡伸一著 筑摩書房 を読んで、歴史認識と観光を考える

○ 政治と軍 「軍が政治に不関与」とは竹橋事件を契機に明治政府が作ったことである。そもそも明治国家

記事を読む

no image

◎◎5 戦争裁判の観光資源化~東京裁判とニュルンベルグ裁判比較~

ニュルンベルク・フュルト地方裁判所600号陪審法廷は、ニュルンベルグ裁判が開催された法廷として資料も

記事を読む

no image

グアム・沖縄の戦跡観光論:『グアムと日本人』山口誠 岩波新書2007年を読んで考えること

 沖縄にしろ、グアム・サイパンにしろ、その地理的関係から軍事拠点としての重要性が現代社会においては認

記事を読む

no image

戦争とテロ

国際刑事裁判所の設立を定めたローマ規程は、設立条約に合意していない諸国にも適用されるところから、アメ

記事を読む

no image

ダークツーリズム ベトナム戦争戦没者慰霊碑  ハルピン 731部隊記念館

アメリカは原爆投下機等、ダークツーリズムであろうが、内務省・国立公園管理局の史跡としている。 マ

記事を読む

no image

「植民地朝鮮における朝鮮総督府の観光政策」李良姫(メモ)

植民地朝鮮における朝鮮総督府の観光政策 李    良 姫 『北東アジア研究』第13号(2007年3月

記事を読む

no image

『1937年の日本人』山崎雅弘著 1940年東京オリンピック中止と関連

北支事変、シナ事変は、観光税制において重要な事件。通行税、入場税、遊興飲食税が創設されたからである。

記事を読む

no image

保阪正康氏の講演録と西浦進氏の著作物等を読んで

日中韓の観光政策研究を進める上で、現在問題になっている「歴史認識」問題を調べざるを得ない。従って、戦

記事を読む

no image

保護中: 日清関係(メモ)

日清関係の展開 日本は西洋の衝撃に敏感に反応し、クローズド・システムの効率性を活かして

記事を読む

no image

横山宏章の『反日と反中』(集英社新書2005年)及び『中華民国』(中央公論1997年)を読んで「歴史認識と観光」を考える

 歴史認識を巡り日本と中国の大衆が反目しがちになってきたが、私は歴史認識の違いを比較すればするほど、

記事を読む

no image
朝河寛一とアントニオ猪木 歴史認識は永遠ではないということ

アントニオ猪木の「訪朝」がバカにできない理由 窪田順生:ノンフ

no image
感覚器官の進化はおそらく脳よりも前だった。脳は処理すべき情報をもたらす感覚器より前には存在する必要がなかった

眼の発達に関して新しい役割を獲得する前には、異なった機能を持ってい

no image
観光資源としての歴史認識「尖閣諸島の核心」 矢吹晋の著書と同書アマゾン書評を読んで

屋島が源平の合戦の舞台にならなければ観光客は誰も関心を持たない。尖

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

no image
ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(10

→もっと見る

PAGE TOP ↑