*

犬と人間のコミュニケーション

公開日: : 最終更新日:2019/07/02 感情, 観光情報論 コミュニケーション

「目は口ほどにモノを言い」 感情は普遍的なものということでもある。人類という分類を超えたものである。従って観光が刺激、差異に基づくものとすれば、感情の研究が基本になるはずである。

https://learningenglish.voanews.com/a/study-dogs-evolved-to-use-eyes-to-connect-with-humans-/4967201.html

Study: Dogs Evolved to Use Eyes to Connect with Humans

But a new study found evidence that dogs developed in physical ways to present “puppy dog eyes” as a way to help connect with humans. Researchers in Britain and the United States did the study. Results were published in the Proceedings of the National Academy of Sciences (PNAS).

The study compared the facial muscles of dogs and wolves, which share ancestral history. Dogs broke off from wolves after being domesticated about 33,000 years ago. During that time, dogs changed physically and behaviorally to fit life with humans.

The researchers examined the heads of six dogs and two wolves for comparison. They found the facial structure of both animals was mostly very similar. But one major difference was found above the eyes.
The dogs were found to have two well-formed muscles around the eye that were not present in the wolves. These small muscles permit dogs to “intensely” raise their inner eyebrow, the study found.

関連記事

no image

『美味しさの脳科学』ゴードン・M・シェファード

盲視があるように盲臭もある。 言語を使って風味を評価しようとするのは、最高難度の部類

記事を読む

no image

『「食べること」の進化史』石川伸一著 フードツーリズム研究者には必読の耳の痛い書

食べ物はメディアである 予測は難しい 無人オフィスもサイバー観光もリアルを凌駕できていない 

記事を読む

no image
電力、情報、金融の融合

「ブロックチェーンとエネルギーの将来」阿部力也 公研2019No67

no image
2019年9月11日 清華大学やDiDiで考えさせられた無人運転車

筆者の参加しているタクシー事業者等の研究グループ(チームネクスト)

no image
保護中: 10月15日新嘉坡

DRWMI804SIN1:30SQ52044:45SINMI484M

no image
2019年9月12日朝 盧溝橋へ

https://photos.google.com/shar

no image
2019年9月11日 午後新幹線で天津

精華大を後にして、地下鉄4号線で北京南まで行く。神戸のタクシー経営者

→もっと見る

PAGE TOP ↑