*

第一回ウェアラブル観光委員会を開催してみて

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 観光学者への辛口評論等~観光学研究発展のため~

観光とは頭の中のことである。ウェアラブルデバイスを活用して頭の中のことを把握してみようといういうことで、g-コンテンツ協議会にウェアラブル観光委員会を設置していただいた。昨日はその第一回の会合であった。

メガネのJINSがウェアラブルデバイスを販売していることを東京大学の柴崎教授から知らされ、早速、JINSMEMEのコンテストに応募してみた。HPにも応募作品を掲載してあるので参考にしてもらいたい。

この委員会の最終目的は、大げさに「観光文化遺伝子(Tourist-MEME)」の発見とした。生物と同様に文化にも遺伝子があるというド―キンスの「利己的な遺伝子」論になぞらえて、観光にも遺伝子があり、それを発見しようという目標である。生物遺伝子は現在は中立説が主流である。トヨタの企業文化を調査した藤本隆弘東大教授も、工場分析を長年に重ね、克明なメモを基に、変異、淘汰、保持の実態解明した。その結果、トヨタの物づくりの強みは「すり合わせ」にあると主張され、その結論の導き出し方を「方法論的進化論」と称された。私も日本旅館研究者等に、藤本教授に見習い、まず日本旅館の生態を克明にメモし、その中から日本旅館文化がどのように変異、淘汰、保持されてきたかの論文を書いてほしいと願ってきた。

慶応大学の満倉靖恵准教授が長年研究された結果を電通が商品化した「感性アナライズコム」がある。今回は電通の嶋田敬一郎氏と㈱サイエンスジャムの神谷俊隆氏から説明を頂いた。次回は満倉先生からのお話を聞きかせ頂く予定である。「感性アナライズコム」によれば、対象物に対する観察者の頭の中の反応がリアルタイムで把握できる。従って、日本旅館の「おもてなし」等に対する宿泊者の反応も、リアルタイムで収集できる可能性が出てくる。藤本教授のような超人的な研究をしなくても済む。と同時に、旧態依然とした観光地も、観光客のリアルタイムの評価を反映しなければ生き残れなくなる。これは会議に参加されたJTB・野添幸太氏の感想である。

副委員長を務めてもらっている国立情報研究所の相原健郎准教授から「IoTと観光」と題した話をしてもらった。観光庁の仕事をされている関係から、近年の観光者の行動決定がオンサイトによりつつあるのではないかという仮説を立てておられる。スマホの自撮りにより顔表情を認識して頭の中のことを推測し、心拍変動からリラックス状態、ストレス状態を推計しようと、実験をされている。相原先生は早くから顔文字を研究されていたのである。同時にこれらのパーソナルデータをどこまでなら利用されていもよいのかという個人情報問題も提起されている。電通の開発した「感性アナライザー」だと目の前にいる異性に対する反応度が具体的数字で表示されるから、大変な個人情報である。他人には知られたくないであろう。調査にあたってのこれからの課題である。

参加者からも様々な意見をいただいた。実証実験に関するご意見が多かった。目標は高く実施は慎重にという方針であるから、実験が欲張らないで地道にやってゆくつもりである。時間をかけて積み上げてゆきたいとおもっているが、11月下旬予定の「G空間EXPO」には、簡単な結果でもよいから調査の存在がわかるように発表したいと思っている。

調査される観光客の頭の中のことは他人にはわからない。一緒にいる人が恋人か上司かでも反応が異なるであろう。同じ東京タワーを観ていても、他のことを考えているかもしれない。従ってビッグデータが必要なのであるが、顔認証の分析では個人差は少ないということである。感性アナライズコムの使用に当たっては個人差もありキャリブレーションが多少必要だそうである。

そもそも頭の中のことがわかるのかどうかについても考え方は定まっていない。絶対にわからないという説もあるが、それすら仮説であり、当面は手探りで進んでゆくのであろう。

 

会議が終わりニュースを聞いていると、ギリシャの通貨危機の報道がされていた。それによれば、EUの指導を受け入れユーロを離脱しない方法、ユーロは離脱するが自発的にユーロを使い続ける方法、あたらしく通貨を発行する方法がある。ギリシャ政府に信用がない状態では新通貨を発行しても、直にインフレになるであろう。面白い方法は勝手にユーロを使う方法である。世界にはそのような例がいくらでもある。北朝鮮に旅行した時、外国人には中国元が通貨として通用していた。イサベラバードが朝鮮を旅行した時には、中国元がなかったから藁銭(当時流通していた少額貨幣)を大量に抱えて行かなければならなかったのである。室町時代、中国が紙幣を発行し始めた結果、大量の銅銭が余るようになり、それを日本が輸入し、日本の商品経済が発達したとならったことがあるが、正直ピンとこなかった。しかし、ギリシャの話を聞いていると、なるほど、通貨は使用する人が信じるか否かであるから、足利幕府よりも明王朝の方が信用力があったと思えば納得できる。

 

関連記事

no image

日本語辞書と英和辞書に見る「観光」

6月15日 月曜日父親の手術に立ち会うため加賀市立中央病院に出かけた。手術は無事終了し、石田医師には

記事を読む

no image

Deep learning とサバン(思い付き)

「 スタンフォード大学の研究チームが、深層学習を用いて衛星画像からソーラーパネルを探し出すディープ

記事を読む

no image

観光資源としての「隠れキリシタン」 五体投地、カーバ神殿、アーミッシュとの比較

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産登録された。江戸時代の禁教期にひそかに信仰を続け

記事を読む

no image

『プロヴァンスの村の終焉』上・下 ジャン=ピエール・ルゴフ著 伊藤直訳 を読む。2017年10月15日

市長時代にピーターメイルの「プロヴァンスの12か月」読み、観光地づくりの参考にしたいと孫を連れて南仏

記事を読む

no image

ブロックチェーンと白タク、民泊シェアリングエコノミー 『公研』2018.12.No.664 江田健二×大場紀章 を読んで考える

白タクや民泊は、絶えずその有償性が問われて、既存業界の攻撃の的になる。無償であれば全く問題がない。

記事を読む

no image

字句「美術」「芸術」「日本画」の誕生  観光資源の同じく新しい概念である。

日本語の「美術」は「芸術即ち、『後漢書』5巻孝安帝紀の永初4年(110年)2月の五経博士の劉珍及によ

記事を読む

no image

観光学が収斂してゆくと思われる脳科学の動向(メモ)

◎ 観光学が対象としなければならない「感情」、「意識」とは何か ①評価をする「意識」とは何か

記事を読む

マルティニーク生まれのクレオール。 ついでに字句「伝統」が使われる始めたのは昭和初期からということ

北澤憲昭の『<列島>の絵画』を読み、日本画がクレオールのようだというたとえ話は、私の意見に近く、理解

記事を読む

no image

用語「観光」誕生物語 朝日新聞記事データベース「聞蔵」に見る昭和のクールジャパン報道分析

2014年10月10日にジャパンナウ観光情報教会観光立国セミナーで行った講演の議事録です。HPには使

記事を読む

no image

『働きたくないイタチと言葉がわかるロボット』川添愛著

ディプラーニングを理解しようと読んでみた。 イタチとロボットの会話は全部飛ばして、解説部分だけ読め

記事を読む

no image
東京交通新聞 2021年5月投稿原稿 タクシー運賃等とパック料金の関係を理解するには

特別寄稿 タクシー運賃等とパック料金の関係を理解するには ㈱シ

no image
Quora なぜ日本海側の人口は少ないのですか?

工業化が進んで、人々が東京、名古屋、大阪に流れてしまったからです。

『飛躍への挑戦』葛西敬之著

図書館で取り寄せて読んだ。国鉄改革については、多くの公表著作物に加え

角川文庫『ペリー提督日本遠征記』(Narrative of the Expedition of an American Squadron to the China Seas and Japan)

https://youtu.be/Orb9x7NCz_k

no image
豪州の旅行業対策

http://www.travelvision.jp/news/de

→もっと見る

PAGE TOP ↑