*

第一回ウェアラブル観光委員会を開催してみて

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 観光学者への辛口評論等~観光学研究発展のため~

観光とは頭の中のことである。ウェアラブルデバイスを活用して頭の中のことを把握してみようといういうことで、g-コンテンツ協議会にウェアラブル観光委員会を設置していただいた。昨日はその第一回の会合であった。

メガネのJINSがウェアラブルデバイスを販売していることを東京大学の柴崎教授から知らされ、早速、JINSMEMEのコンテストに応募してみた。HPにも応募作品を掲載してあるので参考にしてもらいたい。

この委員会の最終目的は、大げさに「観光文化遺伝子(Tourist-MEME)」の発見とした。生物と同様に文化にも遺伝子があるというド―キンスの「利己的な遺伝子」論になぞらえて、観光にも遺伝子があり、それを発見しようという目標である。生物遺伝子は現在は中立説が主流である。トヨタの企業文化を調査した藤本隆弘東大教授も、工場分析を長年に重ね、克明なメモを基に、変異、淘汰、保持の実態解明した。その結果、トヨタの物づくりの強みは「すり合わせ」にあると主張され、その結論の導き出し方を「方法論的進化論」と称された。私も日本旅館研究者等に、藤本教授に見習い、まず日本旅館の生態を克明にメモし、その中から日本旅館文化がどのように変異、淘汰、保持されてきたかの論文を書いてほしいと願ってきた。

慶応大学の満倉靖恵准教授が長年研究された結果を電通が商品化した「感性アナライズコム」がある。今回は電通の嶋田敬一郎氏と㈱サイエンスジャムの神谷俊隆氏から説明を頂いた。次回は満倉先生からのお話を聞きかせ頂く予定である。「感性アナライズコム」によれば、対象物に対する観察者の頭の中の反応がリアルタイムで把握できる。従って、日本旅館の「おもてなし」等に対する宿泊者の反応も、リアルタイムで収集できる可能性が出てくる。藤本教授のような超人的な研究をしなくても済む。と同時に、旧態依然とした観光地も、観光客のリアルタイムの評価を反映しなければ生き残れなくなる。これは会議に参加されたJTB・野添幸太氏の感想である。

副委員長を務めてもらっている国立情報研究所の相原健郎准教授から「IoTと観光」と題した話をしてもらった。観光庁の仕事をされている関係から、近年の観光者の行動決定がオンサイトによりつつあるのではないかという仮説を立てておられる。スマホの自撮りにより顔表情を認識して頭の中のことを推測し、心拍変動からリラックス状態、ストレス状態を推計しようと、実験をされている。相原先生は早くから顔文字を研究されていたのである。同時にこれらのパーソナルデータをどこまでなら利用されていもよいのかという個人情報問題も提起されている。電通の開発した「感性アナライザー」だと目の前にいる異性に対する反応度が具体的数字で表示されるから、大変な個人情報である。他人には知られたくないであろう。調査にあたってのこれからの課題である。

参加者からも様々な意見をいただいた。実証実験に関するご意見が多かった。目標は高く実施は慎重にという方針であるから、実験が欲張らないで地道にやってゆくつもりである。時間をかけて積み上げてゆきたいとおもっているが、11月下旬予定の「G空間EXPO」には、簡単な結果でもよいから調査の存在がわかるように発表したいと思っている。

調査される観光客の頭の中のことは他人にはわからない。一緒にいる人が恋人か上司かでも反応が異なるであろう。同じ東京タワーを観ていても、他のことを考えているかもしれない。従ってビッグデータが必要なのであるが、顔認証の分析では個人差は少ないということである。感性アナライズコムの使用に当たっては個人差もありキャリブレーションが多少必要だそうである。

そもそも頭の中のことがわかるのかどうかについても考え方は定まっていない。絶対にわからないという説もあるが、それすら仮説であり、当面は手探りで進んでゆくのであろう。

 

会議が終わりニュースを聞いていると、ギリシャの通貨危機の報道がされていた。それによれば、EUの指導を受け入れユーロを離脱しない方法、ユーロは離脱するが自発的にユーロを使い続ける方法、あたらしく通貨を発行する方法がある。ギリシャ政府に信用がない状態では新通貨を発行しても、直にインフレになるであろう。面白い方法は勝手にユーロを使う方法である。世界にはそのような例がいくらでもある。北朝鮮に旅行した時、外国人には中国元が通貨として通用していた。イサベラバードが朝鮮を旅行した時には、中国元がなかったから藁銭(当時流通していた少額貨幣)を大量に抱えて行かなければならなかったのである。室町時代、中国が紙幣を発行し始めた結果、大量の銅銭が余るようになり、それを日本が輸入し、日本の商品経済が発達したとならったことがあるが、正直ピンとこなかった。しかし、ギリシャの話を聞いていると、なるほど、通貨は使用する人が信じるか否かであるから、足利幕府よりも明王朝の方が信用力があったと思えば納得できる。

 

関連記事

no image

脳科学と人工知能 シンポジウムと公研

本日2018年10月13日日本学術会議講堂で開催された標記シンポジウムを傍聴した。傍聴後帰宅したら

記事を読む

no image

用語「観光」誕生物語 朝日新聞記事データベース「聞蔵」に見る昭和のクールジャパン報道分析

2014年10月10日にジャパンナウ観光情報教会観光立国セミナーで行った講演の議事録です。HPには使

記事を読む

『眼の神殿 「美術」受容史ノート』北澤憲昭著 ブリュッケ2010年 読書メモ

標記図書の存在を知りさっそく図書館から借りてきて拾い読みした。 観光資源の文化資源、自然資源という

記事を読む

no image

『働きたくないイタチと言葉がわかるロボット』川添愛著

ディプラーニングを理解しようと読んでみた。 イタチとロボットの会話は全部飛ばして、解説部分だけ読め

記事を読む

no image

『ダークツーリズム拡張』井出明著 備忘録

p.52 70年前の戦争を日本側に立って解釈してくれる存在は国際社会では驚くほど少ない・・・日本に

記事を読む

no image

メンタル統合 

人類の文化的躍進のきっかけは、7万年前に起きた「脳の突然変異」だった:研究結果 https:

記事を読む

no image

『プロヴァンスの村の終焉』上・下 ジャン=ピエール・ルゴフ著 伊藤直訳 を読む。2017年10月15日

市長時代にピーターメイルの「プロヴァンスの12か月」読み、観光地づくりの参考にしたいと孫を連れて南仏

記事を読む

no image

Transatlantic Sins お爺さんは奴隷商人だった ナイジェリア人小説家の話

https://www.bbc.co.uk/programmes/w3cswg9n BBCの

記事を読む

no image

ウェアラブルデバイスを用いた観光調査の実証実験

動画  https://youtu.be/Sq4M3nvX6Io 10月29日にg-コンテン

記事を読む

no image

英和対訳袖珍辞書と観光

先週は都立中央図書館が図書整理のため休館日が続き、ようやく土曜日(6月13日)に閲覧に行くことができ

記事を読む

no image
va旅行 トルコ編 ⑨ VAN トルコ・イラン(陸路)

https://cdn.trt.net.tr/vi

va旅行 トルコ・ギリシャ⑧ カルスKARS アニ遺跡

カルス(Kars)は、アルメニアとの国境から45km。11年の人口は

no image
ヴァーチャル旅行 トルコ編 番外 マラテヤ ネムルトダーウ

◎マラテヤ マラティヤはユーフラテス川上流部の西岸に広がる標高

va旅行 トルコ編 ⑦ シャンルウルファ、世界最古の遺跡・ギョベクリ・テペ 危険情報レベル2

◎シャンルウルファ空港 空港は中心部から北東35km、バスが発

no image
ヴァーチャル旅行 トルコ編 番外 サフランボルの古民家宿泊

サフランボルは街の全体が世界遺産に登録されていて、建物も道路

→もっと見る

PAGE TOP ↑