*

『キクとイサム』から昔を思い出す

1959年の映画。小学校の時、学校の映画鑑賞で見た記憶がある。今なら右翼から偏向教育だといわれる可能性もあるかもしれないが、「にあんちゃん」なども懐かしい。

会津磐梯山の山麓に暮らす黒人混血児の物語。街に出てきたとき、人々がキクが日本語をしゃべるのに驚いているシーンがある。キクが日本語をしゃべるのは当たり前だが、しゃべっている町の人の日本語が会津弁で面白い。大人の役者は方言が上手だったのかもしれないが、会津では日常語だったのだろう。むしろキクの日本語の方が標準語。子役の俳優は荒川区の小学校の生徒だったから当然かもしれない。基本語が標準語だ。今なら会津の子供はみな標準語だろう。北林谷栄のする祖母役の設定が68歳。今なら祖母役の設定年齢ではないだろう。

イサムが子犬を抱えて人工衛星に乗せている真似をするシーンがある。ソ連が人工衛星に成功した時代であるが、ようやく民間人も宇宙を旅行できる可能性が出てきたから、時間がかかるものであろう。それにしても出てくる女性の多くが着物を着ており、洋服は少ない。

生活レベルを観察すると、今の途上国の都会の方がはるかに上。テレビも自動車もスマホもある。スラムであってもテレビがある。結局貧困とは相対的なものなのだろう。よる郵便が来て、祖母が字が読めないという。鳥目にかかっている設定か。子供の頃は野菜を食べないと鳥目になるよと言われたものだ。キクに酒を飲ませるシーンがあるが、小学生に酒を飲ませるシーンは今ならドラマでも駄目だろう。キクがオートバイに乗ってバスを追いかけるシーンも今なら無理だろう。当時は免許が要らなかったのであろう。

祖母が医者に掛かり、350円請求され驚いて逃げ出すシーンがある。保険制度がまだ施行されていない時代。そういえば私の小学校の時代は健康保険がなかった記憶がある。いつ頃か忘れたが保険証を持っていくようになった。

農家の軒先のシーンも懐かしい。お盆に墓参りに行った本家の軒先も似たようなものであった。村祭りのシーンは、軽業である。高い棒に張ったロープから、命綱なしで滑り降りるが、今でも残っているなら大イベントだが危険でするものがいないだろう。

「日本では次男に生まれたばかりに一生、回りだべ」「理屈では、工場に言っている人には理屈にはかなわねーべ」「白と黒の差別は向こうでも激しいべ」「ポツダム宣言で先祖とか子孫とか古いだべ」「ポツダム宣言ではなく新憲法だべ」

托鉢する尼さんや祈祷師が出てくるシーンがある。自宅に招いて占い。医者替わりの機能があったのだろうが、さすがに祈祷師の記憶は私にはない。でもモンゴルのシャーマン調査は懐かしい。ブログのどこかに動画をのせたはず。

四反畑の百姓をするというシーンで終わり。それにしても当代の名俳優が出演していたのには驚いた。

関連記事

no image

『旅程と費用概算』、『ツーリスト案内叢書』にみる字句「遊覧」「観光」

都立図書館で閲覧可能な「旅程と費用概算」及び「ツーリスト案内叢書」により、当時の字句「遊覧」「観光」

記事を読む

no image

人民元の動向と中国の通貨戦略 日本銀行アジア金融協力センター 露口洋介 2011.1

中国の現状は。日本の1970年を過ぎたところに当たる 大きく異なるのは、①中国は海外市場で

記事を読む

no image

保護中: 非言語情報の「痛み」

言語を持たない赤ん坊でも痛みを感じ、母親はその訴えを聞き分けられる。Pain-o-Meter 

記事を読む

no image

保護中: ジャパンナウ予定原稿 感情と観光行動

観光資源に対して観光客に移動という行動をおこさせるものが感情である。言葉を換えれば刺激であ

記事を読む

no image

ピアーズ・ブレンドン『トマス・クック物語』石井昭夫訳

p.117 観光tourismとは、よく知っているものの発見 旅行travelとはよく知られていな

記事を読む

no image

加太宏邦の「観光概念の再構成」法政大学 法政志林54巻4号2008年3月 を読んで

加太宏邦の「観光概念の再構成」法政大学 法政志林54巻4号2008年3月の存在をうかつにも最近まで知

記事を読む

no image

田岡俊二さんの記事

昔、国際船舶制度の件でお世話になった田岡俊二さんの記事が出ていたので、面白かったところを抜き書き

記事を読む

no image

渡辺惣樹著『第二次世界大戦 アメリカの敗北』 読後メモ

対独戦争をあくまで回避するべきと主張したチェンバレンら英国保守層 対独戦争は膨大な国力を消費し、アメ

記事を読む

no image

伊勢観光御師の会に参加

2015年7月14日伊勢観光御師の会がKKR東京で開催され、日本観光協会時代の御縁ということで参加さ

記事を読む

no image

「食譜」という発想 学士會会報 2017-Ⅳ 「味を測る」 都甲潔

学士會会報はいつもながら素人の私には情報の宝庫である。観光資源の評価を感性を測定することで客観化しよ

記事を読む

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

no image
ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(10

no image
中国の観光アウトバウンド政策公研No.675 pp45-46

倉田徹立教大学法学部教授 1997年にアジア通貨危機、2003

no image
聴覚   空間の解像度は視覚が強く、時間の分解度は聴覚が強い。人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する

人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する 聴覚が直接

no image
『本土の人間は知らないことが、沖縄の人はみんな知っていること』書籍情報社

p.236 細川護熙首相がアメリカ政府高官から北朝鮮の情勢が緊迫して

→もっと見る

PAGE TOP ↑