*

イラン制裁をめぐる塩崎 悠輝氏のコメント

公開日: : 国際観光論

NEWSPICKSに塩崎氏のコメントが出ていた。
素人の私にはわかりやすい解説である。イランはアメリカ旅行の必要がなくなったら、一番に出かけたいと思っている。サウジアラビアも観光ビザが出るようになるらしいから、スーダン、チュニジア等を含めて行ってみたい。

コメント内容

トランプ政権内の反イラン論者にとって、問題なのは核開発ではなく、シリアやイラクなどの中東諸国へ積極的に介入していく外交政策なのでしょう。イランの革命防衛隊をはじめとする対外積極派の外交政策は、革命防衛隊を含む現体制のあり方、つまり、イスラーム共和制において体制護持を体現するイスラーム学者や革命防衛隊が莫大な権限と予算を得ていることに由来します。革命体制の輸出は、1979年の革命以来のイデオロギーに沿うものでもあります。その意味では、反イラン論者たちにとって問題なのは、イランの現体制そのものなのでしょう。
 イラクなどは、米国にしてみれば、湾岸戦争以来、膨大な出費をして民主化を進めてきたつもりが、親米民主国になるどころか、むしろイランの同盟者になっており、果実の収穫を奪われたように見えるのでしょう。

 イランの現体制は経済制裁で崩壊するほどヤワではありません。外交もそれなりに巧みであり、米国の強引なやり方を非難して、ロシアや中国、できればヨーロッパ諸国も味方につけようとするでしょう、イランには、核合意自体は順守してきた、という言い分があります。短期的に核兵器ないしは原子力発電が完成できなくても、イランにとってそこまで深刻なことではありません。
 経済制裁でつぶせないとなると、軍事的措置を含む手段を用いねば、イランの現体制をつぶせません。イスラエルやサウディアラビアは米国による軍事的措置を切望しています。イラン国内を攻撃しなくてもシリアやイラクでイラン革命防衛隊への攻撃を継続することで、イランを疲弊させるという選択肢もあるでしょう。
 本当は、イランの現体制を無力化したければ、ひたすら経済交流を進めてイラン国民を豊かにしていくというやり方もありえます。それでもあるいはイランの体制は維持されて中国のような独自の体制の経済大国になるかもしれませんが。

関連記事

no image

You-Tube「Cruise to Japan in 1932」に流れる「シナの夜」

1932年は鉄道省に国際観光局が設置されて2年目、インバウンドが叫ばれる現代と同じような時代である

記事を読む

no image

2018年3月14日 CATVで クリミナル・マインド 国際捜査班 死神のささやき を見て

自画自賛のインバウンド宣伝が多い中、クリミナルマインド国際捜査班の第4話は日本がテーマ。高視聴率を誇

記事を読む

no image

Breakingviews – Chinese visitors can hit nerve tariffs don’t reach

https://www.reuters.com/article/us-usa-trade-break

記事を読む

歴史は繰り返す 悪質(?)ランドオペレーター対策 米人保護→日本人保護→中国人保護

戦後まで一貫して観光政策はインバウンドであった。外貨獲得が目的である。国際観光ホテル整備法、通訳案内

記事を読む

no image

「植民地朝鮮における朝鮮総督府の観光政策」李良姫(メモ)

植民地朝鮮における朝鮮総督府の観光政策 李    良 姫 『北東アジア研究』第13号(2007年3月

記事を読む

no image

新華網日本語版で見つけた記事

湖南省で保存状態の良い明・清代の建築群が発見 http://jp.xinhuanet.com/201

記事を読む

no image

Participation in press tour for Jeju (preliminary knowledge)

The international tourism situation of Jeju is cha

記事を読む

済州島へのプレスツアー参加(承前 済州島の観光状況)

~沖縄より近い済州島~ 11月2日から4日の済州島プレスツアー参加に備えて予備知識を得た。その

記事を読む

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

no image
ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(10

no image
中国の観光アウトバウンド政策公研No.675 pp45-46

倉田徹立教大学法学部教授 1997年にアジア通貨危機、2003

no image
聴覚   空間の解像度は視覚が強く、時間の分解度は聴覚が強い。人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する

人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する 聴覚が直接

no image
『本土の人間は知らないことが、沖縄の人はみんな知っていること』書籍情報社

p.236 細川護熙首相がアメリカ政府高官から北朝鮮の情勢が緊迫して

→もっと見る

PAGE TOP ↑