*

上海南駅の赤ん坊

慰安婦や南京大虐殺をめぐって日本と隣国のネット族が好き放題を言い合っているご時世であるが、ネットがあってもなくても所詮は他人の情報を信用するかしないかであり、自分の感情に合うものを受け入れているのである。

また、「日本青年団体、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪問」の記事も出ている。中国駐在日本大使館も後援しているようである。
jp.xinhuanet.com | 発表時間 2017-10-21 22:19:0
http://jp.xinhuanet.com/2017-10/21/c_136696562.htm

今は廃刊になった「LIFE」1937年10月4日号の写真。LIFEは私の世代でも知っており、廃刊になった時のことも記憶にある。今でいえばCNN、BBCのヘッドラインニュースの映像である。ニュース映画とあわせて1億3千6百万人がこの写真をみたと伝えられる。ルーズベルト大統領夫人はこの写真を使って日本製品ボイコット運動をやり始めるなどの反響を生んだ。
かつてのバルカン報道、現在の中東報道など、欧米メディアの影響力の前には、自我撞着的なお国自慢の観光宣伝など吹っ飛んでしまうことは、歴史が証明している。
1939年度に政府は、前年度の4倍の補助金を国際観光協会に交付し、第2回東亜観光会議が開催されている。なんだか、観光予算が拡大している今日と似てきている。

関連記事

no image

1950年代の日本を知る貴重な記録文学 『空旅・船旅・汽車の旅』阿川弘之

日本のどの地域の運転者も自分の地域の道路が最悪と思いこんでいる時代の、1958年10月下旬、阿川氏一

記事を読む

カンボジアの夕べ

五月1日は誕生日。朝は日本晴れ。 夕刻六本木の全日空ホテルでカンボジアの観光宣伝会があり、誘わ

記事を読む

no image

日本銀行「失敗の本質」原真人

黒田日銀はなぜ「誤算」の連続なのか?「異次元緩和」は真珠湾攻撃、「マイナス金利」はインパール作戦

記事を読む

用語としての「人流」の発生

○「人流」造語者としての自負○ 「人流」は私が造語したものと自負しております。意識的に著書や論

記事を読む

no image

観光とツーリズム②

今日われわれが使用している「観光」概念の誕生には日常と非日常の存在が前提となり、日常の前提には定住が

記事を読む

11月2日 チームネクスト合宿 in ニューヨーク 2日目

11月2日 朝は、ニューヨークタイムズ社に行く。タクシーJapanの熊沢さんが立派な説明資料を

記事を読む

5月11日 コソボ5時間の旅

マケドニアのホテルにメールをしたら、150ユーロで空港送迎+コソボ往復を引き受けてくれた。ドライバの

記事を読む

no image

2019年9月9日チームネクスト視察で北京 10日HUAWEI、DiDi

台風の襲来に遭遇し、8時半出発が17時に延長。それでも出発できてよかった。自宅をでるまえに、14時

記事を読む

no image

矢部 宏治氏の「なぜ日本はアメリカの「いいなり」なのか?知ってはいけないウラの掟」

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52466 外務省がつ

記事を読む

no image

理解するAIは数学の新理論の発見なしにはあり得ないということ

NIRAから定期刊行物を送っていただいている。政府資金が入っているので、過激な記事は少ないが、201

記事を読む

no image
朝河寛一とアントニオ猪木 歴史認識は永遠ではないということ

アントニオ猪木の「訪朝」がバカにできない理由 窪田順生:ノンフ

no image
感覚器官の進化はおそらく脳よりも前だった。脳は処理すべき情報をもたらす感覚器より前には存在する必要がなかった

眼の発達に関して新しい役割を獲得する前には、異なった機能を持ってい

no image
観光資源としての歴史認識「尖閣諸島の核心」 矢吹晋の著書と同書アマゾン書評を読んで

屋島が源平の合戦の舞台にならなければ観光客は誰も関心を持たない。尖

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

no image
ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(10

→もっと見る

PAGE TOP ↑