*

ヴァーチャル旅行 ロシア編 イルクーツク、ウラン・ウデ

公開日: : 最終更新日:2021/11/04 海外観光

◎イルクーツク

人口は約59万人。

首都モスクワからはシベリア鉄道で繋がっており、ロシア極東地域とウラル・中央アジアを繋ぐシベリア東部の工商および交通の要衝である。ロシア正教会の大主教座が置かれ、劇場などの文化施設も充実する。また、街並みの美しさから「シベリアのパリ」と呼ばれることもある。

街はバイカル湖西岸内陸にあたり、イルクート川とバイカル湖から流れ出るアンガラ川(どちらもエニセイ川の支流)の合流地点の右岸に位置する。第二次世界大戦後は、日本人の抑留地のひとつとなり、抑留者による労働で建設された建物が残る。また、イルクーツク市は1967年3月20日以来、石川県金沢市と姉妹都市協定を結んでいる。そのため、市内には「金沢通り」という名前(ロシア語と日本語表記とが看板で併記)の通りがある。

blob:https://www.facebook.com/bdba7080-7eaa-4431-9ac3-d495f516eb4a

◎ウラン・ウデ

https://jp.rbth.com/travel/85283-gaikokujin-ga-mita-ulan-ude-buryat-kyouwakoku-no-sugata?utm_source=Newsletter&utm_medium=Email&utm_campaign=Email

ブリヤート共和国の首都ウラン・ウデでは市内観光ならびにチベット仏教寺院のイヴォルギンスキーダッアン訪問。またユネスコの世界無形文化遺産に指定されたセメイスキエ(古儀式派の)村でのフォークショー鑑賞等見逃せないスポットにご案内。シベリア鉄道の通過地であり、モンゴルウランバートルを経て中国北京に至る支線の分岐地としても重要である。シベリア鉄道のウランウデ駅を降車するとアジア人ばかりの顔。チベット仏教の総本山であるイヴォルギンスキー・ダツァンがあり、街中には日本の中古車が走っている。

◎ジェシャートニカヴォ

ウラン・ウデから南へ向かって車を走らせると、独自のカラフルな装飾が施された家々の集落をいくつも見かけます。これらはセメイスキエと呼ばれるロシア古儀式派の人々が暮らす村々です。

古儀式派とは、ロシア正教において主流派から外れ、古い様式を守る宗派のことを指します。17世紀半ばに権力を掌握した総主教ニコンによって強引な宗教計画が断行された結果、多くの古儀式派教徒が生まれるに至りました。セメイスキエは18世紀後半にポーランドなど外国に逃れていた教徒たちが政府の融和政策によって呼び戻され、シベリアに移住したことに始まります。以来彼らは旧来の礼拝様式や伝統文化を守り続けてきました。

セメイスキエの集落は、木造家屋の窓枠や門には、草花や鳥のイラストが描かれるなど、鮮やかな色彩で飾られています。衣装も独特のスタイルを守り、横縞模様のカラフルなエプロンを重ねるスタイルはシベリアの他の民族には見られません。そして、セメイスキエを象徴するのが合唱です。地域ごとに独自の合唱団があり、民族衣装に身を包んでゆったりとしたハーモニーを聞かせてくれます。歌こそ彼らの誇りであり、文化と信仰を守り続けてきた証なのです。

Десятниково(ヂェシャートニカヴォ村)の家並み

ウラン・ウデから南へ向かって車を走らせると、独自のカラフルな装飾が施された家々の集落をいくつも見かけます。これらはセメイスキエと呼ばれるロシア古儀式派の人々が暮らす村々です。

古儀式派とは、ロシア正教において主流派から外れ、古い様式を守る宗派のことを指します。17世紀半ばに権力を掌握した総主教ニコンによって強引な宗教計画が断行された結果、多くの古儀式派教徒が生まれるに至りました。セメイスキエは18世紀後半にポーランドなど外国に逃れていた教徒たちが政府の融和政策によって呼び戻され、シベリアに移住したことに始まります。以来彼らは旧来の礼拝様式や伝統文化を守り続けてきました。

セメイスキエの集落は、木造家屋の窓枠や門には、草花や鳥のイラストが描かれるなど、鮮やかな色彩で飾られています。衣装も独特のスタイルを守り、横縞模様のカラフルなエプロンを重ねるスタイルはシベリアの他の民族には見られません。そして、セメイスキエを象徴するのが合唱です。地域ごとに独自の合唱団があり、民族衣装に身を包んでゆったりとしたハーモニーを聞かせてくれます。歌こそ彼らの誇りであり、文化と信仰を守り続けてきた証なのです。

関連記事

va旅行カリブ11 STT米領ヴァージン諸島

◎航空 CLT https://youtu.be/pHNDy

記事を読む

va旅行カリブ11 ハイチ PAP又はCAP

〇歴史 https://youtu.be/jDPr5tUSBYA https:/

記事を読む

va旅行 USA50州 これも観光資源 グレーハンズ最長ルートとグレンミラー・ホテルペンシルベニア

USA50州は、南北戦争がらみの州か、西部開拓の現地民がらみの州が多い。カリブ海諸地域と組み合わせ

記事を読む

ヴァーチャル旅行インド編 ①総括及びコルコタ

◎マザーテレサ https://youtu.be/DjriTrjahao

記事を読む

レユニオン(144) 2019年2月16日 

レユニオンは、モーリシャスからマダカスカルまでの航空券購入に際して、レユニオンがトランジット

記事を読む

モーリシャス(143) 2019年2月15日 

セイシェルの宿にいたとき、エアオーストラルからメールが来た。オンラインチェックインの案内である。こ

記事を読む

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(1)~

モンゴル国最北部に、モンゴル人が「モンゴルのスイス」と呼んでいるフブスグル地域(同国最大のフブスグ

記事を読む

1⃣ 2 2018.8.2-3 Edinburgh SCOTLAND(119)

3日 一人早起きして朝の散歩。丘の名前はあるがネットで何度調べて覚えてもすぐ忘れてしまうので、もう表

記事を読む

2-⑧ 2018年9月20日 タシケント朝の地下鉄とキルギス共和国(138)ビシケク空港からホテルに向かう騒動

タシケントでは50年前に大地震があったそうだ。私は全く記憶がない。 地下鉄に乗ってみる。アルマトイに

記事を読む

ナムビア・ウィンドホック 22日早朝空港ドロップオフ ヨハネスブルグ経由 エスワティニ行き

 朝四時、ロビーがしまっているので、フロントに電話した。女性がでてきてくれとほっとした。チェックア

記事を読む

PAGE TOP ↑