*

ヴァーチャル旅行 中国編② 雲南省 建水 元陽 

公開日: : 最終更新日:2021/08/05 中国26+韓国, 中国34+韓国, 海外観光

棚田の消滅?「食糧危機」をあおってはいけない

◎西南官話 四川、雲南、貴州

◎雲南省  ベトナム語は広東語と近い

なぜ?メコン川に異変 色が変化、水位低下…上流の中国ダム影響か|【西日本新聞ニュース】

◎ ゾミア

ゾミア(Zomia)とは、大陸部東南アジアにおいて、歴史的に低平地の人口集積地に基盤をおく政府による支配が困難であった巨大な山塊を指す地理学用語である。アムステルダム大学の歴史研究者ウィレム・ファン・シェンデルが2002年に造語した新語である。

イェール大学教授ジェイムズ・C・スコットは、2009年に公刊した単著 The Art of Not Being Governed: An Anarchist History of Upland Southeast Asia において、ゾミアの概念を用いた。スコットはそこに生きる複数の民族の文化が継続性を持つということが、近代を巡る従来の物語への異議申し立てであると議論した。近代の物語とは、人々がいったん便利な近代テクノロジーと近代国家に触れてしまえば、いずれ同化してしまうだろうという神話である。ゾミアの部族はむしろ、近代そのものから意識して避難したのであって、もっと原始的で地域に根付いた経済の中で暮らすことを選んだ難民であると述べた。序文から引用する。

谷あいの王国群から見れば、高地部族民は「生きているご先祖様」「水田耕作、仏教、文明を知る前の我らの姿」であった。しかし高地部族民は、谷間で行われている国家形成というプロジェクトの抑圧、つまり、奴隷化、徴兵、重税、傭役、伝染病、戦役といった抑圧から、2000年以上もの間、逃げ続けてきた避難民、マルーンコミュニティとして捉えた場合にこそ、もっともよく理解できるのである。

◎建水

雲南省中の建水県の位置
瀘江河と塔沖河の合流点に架かる双竜橋
瀘江河塔沖河の合流点に架かる双竜橋

世界遺産である元陽の棚田に行く人に、素通りされてしまうことが多いらしい。

  • 河口(ベトナムとの国境の街)から:列車で2時間半程度。
  • 昆明(雲南省の省都)から:列車で3時間程度。
  • 元陽・新街(世界遺産の棚田の拠点となる街)から:バスで5時間程度。

◎元陽

中国雲南省にある元陽県は、ハニ族・イ族・ミャオ族・タイ族などの少数民族が住む山岳地帯。海抜が1,400m~2,000mで霧と雨が多く、稲作に適した土地であったため、今からおよそ1200年前の唐の時代からハニ族によって棚田がつくられてきた。

現在、山の麓から山頂までびっしりと連なる棚田の総面積は12万ヘクタール!
傾斜が12度~75度もある険しい斜面に築かれた大小さまざまな形の棚田が、麓から海抜2,000mの山頂まで5,000段以上も続く壮大な光景は圧巻の一言に尽きます。

昆明から元陽の新街鎮までは高速バスを利用。昆明バスターミナル(昆明汽車客運駅)から元陽(新街鎮)まで約330km、所要時間は6時間~8時間

元陽の新街鎮から棚田へは車で約50分ほど。タクシーやミニバンをチャーターして向かいます。

夕陽に照らされる棚田
元陽から河口 3時間
多依樹梯田

◎ ランソン 

金正恩がトランプとの会談で経由したところ

BC2世紀漢の武帝時代に植民地となり、AD40年頃後漢の光武帝時代に初めて大反乱、ハイ・バ・チュンの大反乱(徴姉妹)

関連記事

中国旅行、終わりは「さんざし(山査子)」

『この道』 http://www.woong.com/songbook/japan

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行 ロシア編 イルクーツク、ウラン・ウデ

◎イルクーツク 人口は約59万人。 首都モスクワからはシベリア鉄道で繋がってお

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行 中国編② 雲南省 羅平(2月下旬 3月)

https://4travel.jp/travelogue/11339812 3/12 バス

記事を読む

2-⑦ 2018年9月19日 ウズベキスタン・サマルカンド見学

https://photos.google.com/share/AF1QipOoPParuqdfCo

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行 中国編② 中国側・憑祥とベトナム側・ドンダン/ランソン

https://youtu.be/ghuzWnTwu7U

記事を読む

住民所得が沖縄を超える済州島が抱える観光課題 ~プレスツアーへの参加~

11月2日から4日までの短時間であるが、済州島のプレスツアーに参加した。記事を書くということだけが条

記事を読む

動画で見る人流・観光施策風土記欧州編 ウェールズ  CAERNAFON SNOWDON

カーナーヴォン (Caernarfon、ウェールズ語発音表記:, 英語: [kərˈnɑrvən]

記事を読む

5月12日 成田から西安へ 13日 城壁、大雁塔、華清池、兵馬俑、始皇帝陵

12日 ユーラシア旅行社の企画旅行に参加。チベットには団体旅行に参加しないと現実的にはいくことができ

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行 中国編➀ 河南省・中牟 官渡古战场

鄭州汽車客運東站から中牟行のバスは長蛇の列、次から次へ人を押し込んで行きます。大きな荷物を

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行 中国編② 湖北省 武漢 赤壁 『中国農村崩壊』

◎湖北 https://youtu.be/ECeewGfTksY

記事を読む

PAGE TOP ↑