*

ヴァーチャル旅行 中国編② 蘭州Lánzhōu牛肉麺 炳灵寺石窟Bǐnglíng Sì

公開日: : 中国26+韓国, 中国34+韓国, 海外観光

 

◎交通

西安まで新幹線が開通している。カシュガル・蘭週間はコロナでも毎日運航している。ヴァーチャル旅行では、銀川から夜行寝台列車で行くことにしている。 

◎宿泊施設

イビス ランジョウ ジャンイエ ロード
Ibis Lanzhou Zhangye Road 
442CNY(¥6830)

◎蘭州の概要

甘粛省の省都。雅名を金城といい、石油工業が発達している。市域は海抜1,600mにあり、市内を黄河が東西に流れる。市街地は黄河に沿って20kmに渡って細長く延び、黄河には12の橋がかけられている。

黄河鐵橋

◎観光https://youtu.be/9VqfGSWZeIU

炳霊寺石窟
炳霊寺石窟
弥勒大仏

石窟は1000年以上前から開かれており、最初の岩屋は西秦末期の420年頃に作られた。北魏・北周・隋・唐・宋・元・明・清の各王朝で石窟の拡張が続けられた。それぞれの石窟寺院の様式は、王朝ごとの典型的な美術様式と容易に結びつけることができる。炳霊寺は様式的にも地理的にも、アフガニスタンのバーミヤンの石仏群と中国中央部の石窟寺院群、大同付近の雲崗石窟、洛陽付近の龍門石窟の中間に位置する。

何世紀にもわたって、地震・浸食・略奪者が石窟や内部の芸術的な宝物の多くを損壊・破壊してきた。現在では、183の石窟、694体の石像、82の粘土彫刻が残っている。仏像やフレスコ画で満たされた石窟およびレリーフ群は、約200メートルにわたって峡谷の北側に並んでいる。それぞれの石窟は、数々の仏像が収められた小寺院のようなものである。これらの石窟群は、崖側に隠れた洞窟や、高さ27メートル以上もある巨大な弥勒菩薩像に向かって、木製の歩道が不安定に岩面に取り付いている巨大な天然洞窟でクライマックスを迎える。現存する彫刻やフレスコ画は、仏教美術の優れた例であり、世界中から訪れる人々を惹きつけている。都市部から隔絶された僻地にあるため、夏季と秋季の間のみ水力発電所を経由して船で行くことができる。船は、劉家峡ダム付近 (永靖県) から出ており、ダム内の他の港からも出ることがある。夏秋以外の時季には、陸路が存在しないため、遺跡に近づくことは出来ない。

旅行記1

蘭州市内から劉家峡ダムまでバスで2時間、そこからモーターボートで1時間弱かかります。 石窟周辺は公園としてきれいに整備。 各時代の造像は、壁画やお顔にその時代を反映して見ごたえあり。2時間見学。 一番古く、貴重なのは169窟の大仏の左上部分で、そこには特別料金が必要。

旅行記2

現地で自力で行きたかったけど、最寄のバス停で降りたとき、ほかに観光客が1人しかいなくて、自分でもそこからどう行っていいかわからず、その人が現地のガイドツアーに申し込むので、流れで自分も申込してしまいました。1人200元。最初に劉家峡大橋に寄り、その後ボート乗り場でかなり待ち(1時間以上)、ボートで柄霊寺石窟へ行ったあと、帰りに羅家洞石窟に寄りました。
なかなかの絶景でしたが、天気がいまひとつなので、残念でした。

蘭州市内から100キロほど離れているため、行くまでに時間が掛かりました。
蘭州水車博覧園
蘭州水車博覧園
 
五泉山公園
五泉山公園

関連記事

no image

ヴァーチャル旅行 中国編➀ 河南省・鄭州 花園口・花园口镇Huayuankou 鶴壁(Hebi)

2021 洪水 https://youtu.be/RRDRVOhP6RM htt

記事を読む

no image

va旅行中東イスラム 国境とイスラム教

quora アフガン情勢など、イスラム教の国は常に争いを続けている気がするのですが、イスラム教の方

記事を読む

5月17日 青蔵鉄道乗車

朝3時発のチベット高原鉄道に乗車、半日かけてラサに向かう。 https://photos.go

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行 中国編➀ 長春・偽満皇宮博物館

https://www.youtube.com/watch?v=us8Ow-K2

記事を読む

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(1)~

モンゴル国最北部に、モンゴル人が「モンゴルのスイス」と呼んでいるフブスグル地域(同国最大のフブスグ

記事を読む

3⃣ 3  2018.8.16  カサブランカ、マラケシュ

 映画カサブランカ 全編 1 https://youtu.be/9YwBMWvbE9A 2 ht

記事を読む

no image

va旅行中東イスラム ソマリア

◎ブラックホーク・ダウン 本作は、ソマリア内戦への超大国による介入とその失敗を描いた

記事を読む

② 2月12日(月)~13日(火) ニューオリンズとマルデグラ

ニューオリンズはルイアームストロング空港に夜到着。偉大なジャズミュージシャンの評価はあまり変わらない

記事を読む

no image

3⃣ 4 2018年8月17日 エッサウィラ

https://photos.google.com/album/AF1QipPZxydGB-DYGU

記事を読む

なぜチベットが国際問題になるのかーー中東と同じ構造

昨年雲南省の帰りにチベット旅行を企画したのだが、外国人は入国許可書が必要で簡単にはもらえないことがわ

記事を読む

PAGE TOP ↑