*

ヴァーチャル観光 中国編② フフホト 呼和浩特

公開日: : 最終更新日:2021/01/31 海外観光

中国編②では、内モンゴル自治区、新疆ウィグル自治区、寧夏回族自治区を回ることとなる。

 

◎五族共和Five Races Under One Union

中華民国北京政府が掲げていた漢族、満州族、蒙古族、回(現在の回族ではなくウイグル族など新疆のイスラム系諸民族を指す)およびチベット族の五民族の協調を謳ったスローガン。中華民国北京政府を象徴する民族統一を目指すためのスローガンとして、北京政府の国旗・五色旗と関連付けて考えられた。五族共和はもともと革命派のスローガンではなく、立憲派が革命派の排満論に対抗して提唱した五族不可分論を起源としている。 辛亥革命勃発後、各省代表が中華民国の成立について話し合った際には、中華民国のスローガンとして採用された。しかし、孫文自身は臨時大総統就任時と北方で演説した際にしか五族共和には言及しておらず、北京政府と対決後は五族共和は誤りであったと主張し、もっぱら大中華主義による同化主義を進めていくようになる。

◎清室優待・満蒙回族各族優待

清の宣統帝(愛新覚羅溥儀)が退位する際の、退位後の待遇についての取り決めである。宣統帝退位、袁世凱の中華民国臨時大総統就任などによって中華民国による南北統一が合意された。この際、宣統帝退位の条件として、退位後の清皇室、清皇族、満蒙回蔵族(満洲族、モンゴル族、回族、チベット族)の待遇が取り決められたのである。この条件は、宣統帝の退位が表明された1912年2月12日の上諭の中に記されている。

友好都市・呼和浩特(フフホト)市 | 岡崎市ホームページ

常住人口は258.00万人,市区地域の人口は133.08万人,蒙古族の人口は20.1万人,その他の少数民族の人口は6.7万人 現在の人口のほとんどは漢民族であり、チベット仏教の寺院のほかは、モンゴル特有と思われる要素はあまりない。

張家口とフフホトを結ぶ高速鉄道開業、フフホト―北京間が2時間に短縮 写真9枚 国際ニュース:AFPBB News
フフホト市 - Wikipedia

都市の名は、モンゴル語で「青い城」を意味し、古都の部分は同市の市区として位置づけられている。面積17,410平方キロメートル、人口227.4万人(2009年)。フホホトなどと表記されることもある。現在の人口のほとんどは漢民族であり、チベット仏教の寺院のほかは、モンゴル特有と思われる要素はあまりない。

関連記事

[165]10月14日東チモール DIL

https://photos.google.com/photo/AF1QipMhIF6ifg2EM

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行 トルコ編 番外 サフランボルの古民家宿泊

サフランボルは街の全体が世界遺産に登録されていて、建物も道路も他も勝手にいじられない。ホテ

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行 トルコ編 番外 アンカラ

記事を読む

2⃣ 3 2018年8月10日  バルセロナ・カタルーニア(124)、ZARGOZA パンプローナ泊

< strong>カタルーニャ バルセロナ 13:25発 2号車9C AVE

記事を読む

ヴァーチャル旅行 インド編 ②ポートブレア(アンダマン諸島)

https://youtu.be/RnAlWHWG5Xs ◎アン

記事を読む

ヴァーチャル旅行 インド編 ④ダージリン

バグドグラ空港はシリグリーまで12km、15分タクシー千円弱 ダージリンまで70k

記事を読む

ヴァーチャル旅行  パキスタン編 ⑨ラホール、⑩モヘンジョダロ、⑪カラチ

◎パルチスタン  バルチスタンはパキスタン国土の4割を占めるが人口は5%に過ぎない。しかしバ

記事を読む

no image

保護中: ヴァーチャル旅行 USA50州編➀ オハイオ州・トレド

 With a population of 274,975, it is the prin

記事を読む

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(1)~

モンゴル国最北部に、モンゴル人が「モンゴルのスイス」と呼んでいるフブスグル地域(同国最大のフブスグ

記事を読む

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(4) シャマンの儀式とトナカイ解体

2015年8月21日 昼食後いよいよシャーマンがいるところに出発。トナカイにもだいぶ慣れ、恐怖感は

記事を読む

no image
東京交通新聞 2021年5月投稿原稿 タクシー運賃等とパック料金の関係を理解するには

特別寄稿 タクシー運賃等とパック料金の関係を理解するには ㈱シ

no image
Quora なぜ日本海側の人口は少ないのですか?

工業化が進んで、人々が東京、名古屋、大阪に流れてしまったからです。

『飛躍への挑戦』葛西敬之著

図書館で取り寄せて読んだ。国鉄改革については、多くの公表著作物に加え

角川文庫『ペリー提督日本遠征記』(Narrative of the Expedition of an American Squadron to the China Seas and Japan)

https://youtu.be/Orb9x7NCz_k

no image
豪州の旅行業対策

http://www.travelvision.jp/news/de

→もっと見る

PAGE TOP ↑