*

ヴァーチャル旅行 韓国編  大邱、大田ブルース、全州(石焼)ビビンバ

公開日: : 最終更新日:2022/07/01 海外観光

大邱 / テグ | 観光-ソウルナビ

◎大邱 大邱へのアプローチは、LCCが復活すればこれが最速で最安値である。次善の策は釜山経由の鉄道である。

実は、エア釜山でも大邱から入国できる。成田11:55発大邱行きエア釜山BX115便である。現在コロナで休止のようであるが、リアルの旅はこれが効率的。

コロナ禍急ぐたびでもなく、最安値の便を検索。NRT 14:05発 PUS16時40分着の7C1158がある。チェジュ航空だ。11000円、これなら、フェリー等よりも安い。釜山空港から釜山駅まで鉄道乗継60分。釜山駅から高速鉄道で大邱に向かう。1時間に1本で出発し、最終は21:17である。

宿泊は、ゴー ホステル(Go Hostel)にする。朝食税込みで1300円 駅まで500M Wifiカード可である。Bookingcomで予約可能

この宿泊施設のフォトギャラリー
この宿泊施設のフォトギャラリー

○観光

https://www.facebook.com/watch/?v=122233543099962

大邱タワー
東城路
ショッピングをするなら大邱の明洞と言われる「東城路(トンソンロ)」へ

2003年 地下鉄放火事件 192人死亡 正常性バイアス 心理的ストレスを減少させようとする

◎大田

現在は広域市に位置づけられ、道には属さない。特許庁や統計庁など首都機能の一部が大田に分散されており、韓国水資源公社 (K-WATER) の本社と韓国鉄道公社(KORAIL)の本社も置かれている。政治事項であるから、日本よりも地方分権が進んでいるのか、実態がわからないと何とも言えない。大田駅にはKTX・SRTが乗り入れている。京釜高速鉄道でソウル駅からの所要時間は最速50分、水西駅から43分、釜山駅から1時間29分であり、鉄道面では要である。

昔演歌でテジョンブルースが流行していたが、団塊世代には、観光資源として価値がある。行ってみたいと思わせるからであり、数十年の時を経て今効果が出たことになる。しかし現代は、演歌ではなく、そぼろパンが第一の観光資源になっていたから驚きであった。

私には最小に耳にした桂銀淑の方がなじんでいる。好みとはなじんでいるか否かが大きいのであろう。脳科学で実証的に証明できる日が来るであろう。ところで、ネットでは八代亜紀等の太田ブルースという表記もあるが、ご本家の韓国では漢字表記が少ないから仕方がないのかもしれない。

「大田ブルース」(作詞:崔致守、作曲:金富海)は男女の別れを歌った歌謡曲(トロット)で、1959年に安貞愛の歌として発表された。歌詞に登場する深夜0時50分大田駅発の列車は、当時、ソウルを出て大田駅で釜山行きと切り離される木浦行きの列車である[4]。1979年には「懐メロ」となっていたこの曲をチョー・ヨンピルがカバーし、韓国で大ヒットを飛ばした。日本では三佳令二の訳詞があり、チョー・ヨンピルのほか、大月みやこ・桂銀淑・青江三奈などが多くの歌手が歌っている。1999年には、大田駅前に「大田ブルース」の記念碑が建てられた。大田広域市都市鉄道公社1号線では大田駅到着前の車内放送で「大田ブルース」が流れる。[5]

原曲を歌ったアン ジョン ェ は素人の主婦だ。この歌がヒットした後に、多くの職業歌手が歌ったが、オリジナル曲の雰囲気を出せる歌手はいない。調べて分かったのはただの主婦ではなく、つくづく不運な歌手だったのです。是非原曲のCDかDVDを入手したいものです。初めて歌ってから20年もたって大ヒットするとは!この歌の記念碑が大田駅前の広場にあります。 しかし,記念碑には歌手の名前がありません。 アンジョンエさんの懇切な要請によって歌手の名前を刻まなかったそうです。朝鮮動乱の時の歌だろうか。夜汽車で前線に行く夫を送り出す妻の悲しみはいかばかりかと思う。こんな悲しみをしなくて良い時代が一日も早く来てほしい。国や民族が違っても本当に平和🕊を望む。
聖心堂本店
韓国で5番目の都市<br /><br />『大田広域市・テジョン・대전』へ行きました!<br /><br /><br />今までソウル以外で、釜山、大邱、春川へ行きました。<br /><br /><br />特に何かを見たいからここへ行くと決めたのではなく、交通が便利だからと(笑)<br /><br /><br />テジョンで困ったこと。<br />見る場所がない、、、(*_*)<br /><br /><br />行く人がいないと情報も出てないですよね…。<br />インスタ、Twitter、コネスト、ソウルナビ、kakaomapを調べ尽くし行きたい場所を見つけました!<br /><br /><br /><br />◎そぼろパン<br />テジョンの名物『そぼろパン』<br />↓<br />聖心堂 ・ ソンシムダン ・ 성심당<br /><br />最寄り駅はテジョン駅から地下鉄で1駅<br />↓<br />中央路駅・チュンアンロ駅・중앙로역<br /><br /><br />私は本店へ行きましたが、ロッテ百貨店にもありました。こちらはすいてました^^<br />見てないですがテジョン駅にもあるらしい??<br /><br /><br />平日の15時頃行きましたが店内は大混雑でした。<br />お目当てのそぼろパンはゲットできたのでヨシ!<br /><br />テジョンに来たらみんな買って帰るくらい人気のパン屋さんだそうです。<br /><br />そぼろパンの味は外がサクサクで中は甘すぎないあんこでした。<br /><br />ニラのパンも買いましたが、こちらは惣菜系。<br />温めて食べたらもっとおいしかったかなーという感じ。<br /><br />オススメはそぼろパンです!<br /><br /><br />◎大容量カフェ『I'm1L』<br /><br />アイム1リットル・아임일리터<br /><br />ここはとにかく量が多くて1リットルです!<br /><br />500mlと1リットル選べる感じでした。<br /><br /><br />せっかくなので1リットルを購入。<br />ふたりで飲みましたが本当に多い^^;<br /><br />インスタ映えしそうな店内、ボトルでした。<br />韓国ってなぜこんなにカフェが安いのでしょう。<br />日本じゃありえない…。<br /><br /><br />1度1リットルカフェ体験してみてはどうでしょうか^^<br /><br /><br />◎中央鉄道市場<br />昔ながらの市場という感じでした!<br />屋台もありますし、服、雑貨も売っていました。<br />私は市場慣れをしていないので少しビクビクしながら見ました。笑<br /><br />テジョン駅から歩いて行けます!<br />聖心堂にも歩いて行けます!<br /><br /><br />◎サムギョプサル<br />『맛찬들왕소금구이』<br />お昼はサムギョプサルを食べました。<br />インスタとkakaomapのリサーチで見つけました。<br />なぜかお昼の時間なのに人がいなくて…貸し切りでした(笑)<br /><br />ランチタイムだったのでごはん、チゲがついてきました。<br />お肉が分厚くておいしかった~^^<br />2つほどおかずにお肉を巻いたものとワサビ?を乗せたのをお皿に取ってくれました。<br /><br />テジョンに行ったらまた行きたいお店です☆<br /><br /><br /><br /><br />◎ソウルからテジョンへの行き方<br />ソウル駅⇔テジョン駅<br />龍山駅⇔ソテジョン駅<br /><br />KTXでも片道3000円くらいだったかと思います。<br />混んでいる場合があるので前日までに乗車券を購入することをおすすめします!!<br /><br /><br />行きはムグンファを利用しましたが、片道2時間で10600ウォンでした。指定席なのに安い!!!<br /><br /><br />日帰りで十分楽しめました(*^^*)<br /><br /><br />※???となってる場所はハングル表記にしてあります。表示されていなかったらすみません。
聖心堂 そぼろパン(ティギンソボロ)<br />1500ウォン”></figcaption></figure>



<p>◎そぼろパン<br>テジョンの名物『そぼろパン』聖心堂 ・ ソンシムダン ・ 성심당 最寄り駅はテジョン駅から地下鉄で1駅 中央路駅・チュンアンロ駅・중앙로역 そぼろパン(ティギンソボロ)1500ウォン中央路の聖心堂</p>



<p>◎中央鉄道市場<br>昔ながらの市場という感じ。テジョン駅から徒歩圏内 聖心堂にも</p>



<figure class=中央鉄道市場

鉄道庁大田地域事務所財務課補給倉庫三号
国鉄大田駅の東広場と呼ばれる駐車場に、古い木造小屋がポツンとあり、昔の日本の田舎駅を思い出させる。この小屋は補給倉庫と呼ばれる倉庫で、朝鮮戦争後、鉄道庁の必要物資の移動・保管するため1956年に建てられた。もともとは何棟か並んでいたのですが、一つだけ近代遺産として残されました。年に数回、音楽会などの文化イベントが行われているようだ。

ディスカバー大田(テジョン)、古くて新しい旧市街を訪ねる旅! 大田 大田観光 テジョン 忠清南道 近代建築 日本統治時代 鉄道 聖心堂 道庁所在地 官舎It'sDaejeon

鉄道庁大田地域事務所財務課補給倉庫三号

蘇堤洞鉄道官舎 
1904年に京釜線鉄道敷設と大田駅の開通に伴い、ハンバッ(韓国語で大きな田んぼという意味)と呼ばれる寒村だった大田は鉄道駅を中心に都市として発展した。駅の東側の蘇堤洞(ソジェドン)には1920~30年代に作られた日本人鉄道技術者の鉄道官舎が約30棟残っている。再開発区域に指定されて撤去の危機にあるが、どこか懐かしい風景が楽しめると、ちょっとした観光スポットになっている。

ディスカバー大田(テジョン)、古くて新しい旧市街を訪ねる旅! 大田 大田観光 テジョン 忠清南道 近代建築 日本統治時代 鉄道 聖心堂 道庁所在地 官舎It'sDaejeon
ディスカバー大田(テジョン)、古くて新しい旧市街を訪ねる旅! 大田 大田観光 テジョン 忠清南道 近代建築 日本統治時代 鉄道 聖心堂 道庁所在地 官舎It'sDaejeon

◎全州

全州市(チョンジュ)は、大韓民国全羅北道中部の市。道庁所在地。全州ビビンバで有名。全羅道という名称は全州と羅州に由来する。また、全羅北道で唯一の特定市である。ビビンバは伝統的に全州、晋州、海州で発達した。特に全州ビビンバは平壌の冷麺、開城の湯飯(スープご飯)とともに朝鮮王朝時代の三大名菜とされた。現在、韓国の無形文化財となっている。全州が位置する湖南平野で生産される具材が特徴である。しかし、私は石焼ビビンバでないと食が進まない。おそらく外国人が、日本人が食べるような寿司、刺身には抵抗感があるように、ビビンバも慣れの問題があるのであろうが、石焼ビビンバならおこげの延長でおいしく食べられる。その発祥は、全州、ソウルのほか、在日韓国人だという説もあるが、発祥伝説は複数が当たり前であり、それだけ普遍的であるということの証でもある。

全州の観光おすすめスポットをご紹介!韓国の歴史ある地方都市! | TravelNote[トラベルノート]
全州韓屋村
Cathédrale Jeondong.jpg
カトリック全州教区殿洞聖堂

古い街並みとカトリック聖堂

全州はかつての全羅道の中心であり、当時の官庁が残る。全州客舎(豊沛之館)は中央から来た高官が宿泊した施設
豊南門
全州 慶基殿
韓国の真の姿を知る旅・全羅北道紀行その2 - 全州・群山編 | 韓国観光公社
全州韓屋村の観光名所ベスト10 | jap2korのブログ
韓国旅行/全州】全州1日旅行オススメコース その1 | 韓国穴場情報ブログ「アナバコリア」韓国旅行情報版 - 楽天ブログ

◎宿所

千年の歴史を持つ全州(チョンジュ)の学忍堂という由緒ある伝統家屋に泊まり

関連記事

[155]2019.09.26   キリバス・タラワ(TWR) 

https://photos.google.com/photo/AF1QipOYttk9B

記事を読む

va旅行中東イスラム イラン⑥ヤズド、チャク・チャク

テヘランから航空機で1.5H 数便あり、片道4千円 イスハハンからバス4H 1.5時間に一便 40

記事を読む

承前 中国東北地方 「中東鉄道(東清鉄道)」調査目的 中東鉄道の主要ノードにおける産業遺産保護の現状を理解すること

研究期間:2017年11月17日11月24日 研究都市:Manzhouli、ハルビン、Suifen

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行 中国編➀ 河南省・洛陽 Luòyáng

東アジアの大陸部に生まれた新石器時代の文化が都市文明へと転化し始めたのは、洛陽を中心とした地域であ

記事を読む

no image

2⃣ 6 2018.8.13(月) セビリア、(コルドバ)、ジブラルタル、アルヘラシス(127)

https://photos.google.com/share/AF1QipOxP8oGQAmmek

記事を読む

no image

Curacao、Aruba 2月15日~16日

BBCで密輸の報道をしていた Venezuela Extends Blockade on Dutc

記事を読む

保護中: 動画で見る世界人流・観光施策風土記アフリカ Sao Tome and Principe(TMS)ビザは不要 €現金準備  野鳥観察

https://youtu.be/eBTnMJHx9Uc https://yo

記事を読む

動画で見る世界人流・観光施策風土記 チベット 2018年5月22日 チベットからの帰国後のこと

〇ヒマラヤ登山 機内で読んだ中国の新聞記事。14日に、両足義足の、私と同年六十九歳の中国人登山

記事を読む

住民所得が沖縄を超える済州島が抱える観光課題 ~プレスツアーへの参加~

11月2日から4日までの短時間であるが、済州島のプレスツアーに参加した。記事を書くということだけが条

記事を読む

170 Guyane Française パラマリボから日帰りで仏領ギニアのサンローランデュマローニへ

https://photos.google.com/share/AF1QipMPnFlqRCs

記事を読む

PAGE TOP ↑