*

ヴァーチャル旅行 中国編② 貴州省・梵浄山、貴陽市Guìyáng 安順市・APPLEデータセンター(ヴァーチャル)

公開日: : 最終更新日:2021/08/04 中国26+韓国, 中国34+韓国, 海外観光

◎世界自然遺産「梵浄山」Fanjingshan

 貴陽市を後にして、車で4時間かけて梵浄山へ向かいます。梵浄山の麓から、途中標高2100mまではロープウェイで向かいます。しかしこのロープウェイ乗り場がテーマパークのアトラクション待ち並みの人、人、人!!で溢れかえっていてロープウェイに乗るまでに約30分も並びました。やっとの思いで乗車してみると、案外スピードも出るのであっという間。 

梵浄山の奇観を代表する高さ10mほどの奇岩、通称 キノコ岩という岩があるのですがよく見るとミルフィーユ状に岩の層が積み重なってるような岩。なぜこのような不思議な形になったかという謎を解き明かしてみると、はるか数億年前、この梵浄山あたり一帯は海だったらしいのです。それがやがて地殻変動によって大地が隆起し、固い岩盤だけを残して周りの岩が削られ、このような特異な地形となったとか。

梵浄山」中国, 貴州省 | 山, 中国
F、Fan景山、張家界への5日間のプライベートツアー

銅仁飛行場は銅仁市から21キロメートル離れている。鳳凰県城から34キロメートル離れている。銅仁飛行場は国内線14本がある。飛行場の交通:大興飛行場は銅仁地域の松桃県大興镇にある。銅仁市までには30分掛かる。市内から飛行場までバスがある。貴陽から銅仁南まで、高速鉄道がある。長沙、韶山、岳陽、武漢、咸寧、南昌、信陽、鄭州、杭州、金華、義烏などから高速鉄道で銅仁南駅に行ける。非常に便利である。高速鉄道駅から銅仁市まではバスで行ける。

銅仁旅遊バスターミナルから7:30のバスで梵浄山に向かいました。チケットは前日に購入しバス代は32元でした。バスは1時間半ほどで梵浄山の入り口に到着しました。帰りのバスは15時だと言われました。チケット窓口の案内表示によると、バスは銅仁旅遊客からだけでなく、高鉄銅仁南駅や飛行場からも出ているようでした。チケット代を払って入場。チケットは観光車とケーブルカーの往復がついて一人250元でした。ゲートをくぐり、観光車に乗ってロープウエー乗り場へ。あいにくの霧の中でしたが、しばらくすると雲を抜けて天気が良くなってきました。30分で山頂に到着しました。まずは森林桟道という木の階段をひたすら登りました。途中途中に梵浄山の植物が紹介されているので眺めながら登れます。見れませんでしたがキンシコウも生息しているようです。途中で、休み休みしながら20分ほどで、拝仏台に到着しました。拝仏台からは紅雲金頂がきれいに見えました。そして蘑菇石へ。蘑菇石はきのこのような形の岩で、かなり大きく悠然としていて、紅雲金頂よりも梵浄山のシンボルとして人気のある岩のようでした。そして老金頂に向かいました。途中、祠があったのでお参りをして、背後に紅雲金頂を見ながら登っていきました。やがて道は険しさを増し、岩山につけられた険しい石段になりました。鎖をにぎって慎重に登っていきます。途中で鳥もやってきました。蘑菇石から30分ほど登って老金頂に到着しました。山頂にはお寺があって、仏さまが祀られていました。そして眼下には紅雲金頂が綺麗に見えました。もと来た道を下り、今度は紅雲金頂を目指しました。普渡広場を通り過ぎ、老金頂の頂上から45分くらい下って紅雲金頂の登り口までやってきました。ここから再び険しい昇りです。人がやっと一人通れるような狭い階段を上り、10分ちょっとで山頂が見えてきました。山頂部分は岩が大きく裂けていて、そこに橋が架けられていました。そして、紅雲金頂の山頂に到着しました。紅雲金頂の山頂にもお寺がありました。しばし、山頂から景色を眺めて下山。最後に承恩寺を詣でました。境内からは紅雲金頂が綺麗に見えて、梵浄山仏教の聖地の趣きがありました。ひとしきりお参りを済ませていよいよ下山。ロープウェイと観光車を急いで乗り継いで、15時のバスになんとか乗ることができて銅仁に戻りました

老金頂2493m、新金頂(紅雲金頂)2336m。蘑菇石(キノコ石)2318mがある見晴らし台側にある方が老金頂です。蘑菇石越しによく写真に撮られている方が新金頂です。梵净山には日本語ガイドとドライバーを手配して訪れました。ガイドが、事前に予約していたパスポート番号を入場ゲートのツーリストセンター窓口で確認してもらっていました。どうも1日の入場制限人数があるようでした。貴州省はどこも夏が混んでいるようで、シーズンオフの10月後半はかなり空いていました。山上の天気が入場口の電光掲示板に表示されており、昼食を食べた後で、小雨・大霧・6度と表示されていました。入場した後、15人位が乗れる小さめのシャトルバスで山道を進みます。ロープウェイも待ち時間はありません。ほとんどの訪問者は中国人で、あとは貴州省ファンが多いフランス人の団体くらいです。
金頂には鎖を掴んで登るので滑り止めのついた軍手持参がお薦めです。レインウェアがあった方が良いです。山上には看板が少ないので迷っている人が多く、中国語ですれ違う時に、こちらのガイドに確認している人々をよく見掛けました。ちなみにガイドはガイド証を首から下げていました。
日本からのツアーで参加した場合、多くは金頂には登らず、蘑菇石のところで終わるようです。蘑菇石までも結構な階段があります。脚力に自信が無い方は神輿のようなもので担いで運んでもらえるサービスを利用しても良いかと思います。
金頂は登っている人がたくさんいる場合、頂上まではずっと幅が狭く急なので、時間が掛かると思います。

◎貴陽市

貴陽市のスカイライン

貴陽市の略称は「築」。貴州省の省都で、中国でも有名な観光都市。面積は8034平方キロ、人口は350万人。冬の厳しい寒さ、夏の厳しい暑さは無く、年間平均気温は15.2℃です。
「天上に極楽浄土あり、地上に蘇州と杭州があるが、気候の良さといえば貴州以外にない」と言われるほどで、2006年に「中国の避暑地」に指定されました。

花渓区青岩鎮にあり、1368年~1398年に造られた青岩城で、中国歴史文化名城の一つです。明清時代の風格を漂わせています。現在、城門は1つ、大通り4本、石を敷き詰めた道は26本、石製の鳥居が3つ残っており、道沿いに古い南方民家の特色に富んだ木造家屋が立ち並びます。石製の堀や臼など数多くみられることから「石頭城」と呼ばれています。また仏教や道教の寺院、キリスト教会もあり、様々な宗教文化が融合しているところでもあります
甲秀楼は貴陽市のシンボル的な建築物で全国重要文化財です。南明河にある鰲磯という巨石の上に立ち、観音寺、翠微閣と隣接しています。
1598年貴州の巡撫(旧民政・軍政長官)の江東之はここに堤防を築き、その上に楼閣を建てました。利甲でずば抜けているという意味を﨤んで「甲秀楼」と名づけました。 甲秀楼は3階建て、四角形の庇がせり上がった楼閣で、隣接する浮玉橋はまるで水上に浮かぶ玉帯のようです。 橋を渡ると、寺院建築と園林庭園の粋を集めた翠微園、拱南閣や竜門書院などがあります
貴陽市の扶風山の麓にあり、1814年明代の著名な思想家・王陽明を記念するために建てられました。王陽明の白玉座像や王陽明の詩が彫られた石碑等があります。王陽明は1508年貴陽から西北40キロのところにある龍場駅(現:修文県)に左遷され3年間滞在しました。王陽明はそこで生活をしながら思索し、龍場にある小さな洞窟の中で朱子学の考えと異なる新しい儒学思想の陽明学を生み出し国内外に広めました

◎中国旗と並ぶ赤いアップル データ囲う思惑、米に危機感

米アップルが運営を委託した中国企業のデータセンターでは、アップルの赤いロゴの旗が翻っていた=2021年5月25日、中国貴州省安順市、西山明宏撮影

中国南西部にある貴州省の省都・貴陽市から、車で南に1時間ほど。緑が広がるのどかな場所に、突然巨大な建物が現れた。中国国旗と並び、米アップルの旗が翻る。リンゴのモチーフはよく見る薄いグレーではなく、赤だった。

 周りを見渡すと低い山が取り囲む。建物はほとんどなく、人気は少ない。巨大な入り口の門では、警備員が頻繁に外に出てきて周囲を警戒し、門の前の公道を歩いただけの記者にその場を立ち去るよう求めてきた。 国有企業「雲上貴州」の「iCloud貴安データセンター」は先月稼働を始めた。ここにアップルのクラウドサービス「iCloud」の中国国内のデータが保管されている。利用者の電話帳、写真やメモ、アプリなどが含まれる。

関連記事

3⃣ 1 2018.8.14 モロッコ(128):タリファ、タンジール、ティトゥアン、シャウエン

https://photos.google.com/share/AF1QipN_sIjEGG_GQx

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行 中国編②雲南省 景洪(シーサンパンナ)

景洪市は雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州に位置する県級市、同州首府の所在地である。古より中国タイ

記事を読む

[161]2019.10.05米領サモア パゴパゴ 

米領サモアは、入国許可書取得が必要で、約2000円下記のネットで取得。  10月5日FGI

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行 中国編➀河南省徐州

列車で通過したい場所 https://youtu.be/mViDBeCsUZg 『

記事を読む

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(5)

2015年8月23日 アムステルダムからの夫婦、ゲルから出かけることもな椅子に腰かけて二人で景色を

記事を読む

no image

173-2 サンサルバドル

13:10AA147914:51MIA SAL エルサルバドルは2度目。前回はグアテマラから

記事を読む

VA旅行USA50州 NB、OMA ウォーレン・バッフェット   通過駅バーリントン(IO)

https://youtu.be/P8zbc-jCdIA オマハ(英: Oma

記事を読む

va旅行 トルコ編 ➀イスタンブール

https://youtu.be/FOU7V2o-CMQ ◎サウジアラビア領事館

記事を読む

VA旅行USA50州MA・BOS ポルトガル語

ボストン糖蜜災害 https://youtu.be/HW9JVQ68ZFw

記事を読む

2-⑥ 2018年9月18日 カザフスタン・アルマトイからウズベキスタン(137)・タシケントへ移動

アルマトイのホテルのそばの雑貨屋で朝食を購入。有り金といっても10ドル分もないが。 タシュケントは

記事を読む

no image
va旅行 トルコ編 ⑨ VAN トルコ・イラン(陸路)

https://cdn.trt.net.tr/vi

va旅行 トルコ・ギリシャ⑧ カルスKARS アニ遺跡

カルス(Kars)は、アルメニアとの国境から45km。11年の人口は

no image
ヴァーチャル旅行 トルコ編 番外 マラテヤ ネムルトダーウ

◎マラテヤ マラティヤはユーフラテス川上流部の西岸に広がる標高

va旅行 トルコ編 ⑦ シャンルウルファ、世界最古の遺跡・ギョベクリ・テペ 危険情報レベル2

◎シャンルウルファ空港 空港は中心部から北東35km、バスが発

no image
ヴァーチャル旅行 トルコ編 番外 サフランボルの古民家宿泊

サフランボルは街の全体が世界遺産に登録されていて、建物も道路

→もっと見る

PAGE TOP ↑