*

170-3 São Paulo 

公開日: : 海外旅行感想, 海外観光

https://photos.google.com/share/AF1QipOoynuo5RFXRK29ACW1l_1YJO6304TH9A7-oaItpQ9jDu2ZkbXu61Ge6gi0djBw4Q/photo/AF1QipM2E0K5OVlHVNu1DaX3ryJ8xP16D_rxenIyUGJV?key=ZUh5T2MwRlBiV3pDcTRoeXQ5YXNybnN0UGJHc1Zn

サンパウロ到着。まず鉄道駅までの無料巡回バスをさがす。いろいろなバスがおり、乗り場が分からず迷う。最初はどこかの集団のチャーターバスに乗り込んでしまった。ようやく鉄道駅。グーグルマップで位置をみていたので、安心。巡回バスもターミナル1専用のものと、そのたのものの二種あるようだ。鉄道きっぷ購入。窓口でスマホに表した地図で、目的地のリベルダージをみせる。20さつを出すと、ポルトガル語で何かいっている。もっと細かい札がないのかということだろう。5弱で通切符。ホームでどちら方向か確認する必要があり、一本やりすごす。空港専用線と12号線の乗り換えは簡単だったが、ここでも進行方向の確認。次に12号線の終点駅で降りるタイミングで、次の乗客が一気に乗り込んでくる。仕方がないので、乗り込んだ後降りる。6番線7番線ホームであることを確かめてから、地下鉄線に向かう。地下鉄3号線でも、進行方向が分からず、位置列車遅らせる。ここでもグーグルマップが役立つ。3号線と1号線の乗換駅でも同じことの繰り返し。 リベルダージ到着。ネットで見慣れた風景が広がる。ここから一駅隣の駅まで歩いてやどにゆく。スーパーがあり買い物、現金を持っていたことを忘れてカードを使用。晩飯を購入。巻き寿司と山葡萄を買う。陳列棚に熨斗袋があるのを発見。 途中で夕立、空港での夕立と2回目。傘を出しやどにゆく。チェックインの時 支払いは現金といわれる。ベリーズの宿は事前に認識していたが、こちらは認識なし、ブッキングコムには、現地通貨で支払うとあり、カードで、現地通貨建かと思っていたら、意味が違うようだ。ドル現金で払うというと、マネージャーが出てきて、カードでも良いとしてくれた。外は土砂降りなので銀行にも行けないこともあったかもしれない。 ロビーにはホットチョコレートのサービス。コーヒーもあり、助かるか、コップはミニサイズ。


https://photos.google.com/share/AF1QipMtQPxwYRbphnW8ztYh_2denStPa7v7T9zENQrkiaRrl6viEFwN0NR9fXqhAZxGuA/photo/AF1QipMnniQG_4dCkPLj5zcSYpTq3eV8WeYNrjpmalvm?key=bTUxN2lqT0tUbW15QVFLZ01keEFicVRjRG5Cay13

深夜便のせいもあり、昨夜は夕刻睡眠で今朝は四時起き。ロビーにホットチョコとコーヒーを飲みに行く。だんだんこちらの時間に体があってきている。 朝食は6:30から。まあまあだ。パンとバナナをテイクアウト、7:00にチェックアウト、日本人街を目指す。きっぷ購入、4ブラジルドル。入口できっぷが回収されるから、かなり広範囲の均一運賃制度なのだ。同じ場所でも2回目に見ると印象が変わるもの。宗教団体もサンパウロには出ている。太平洋諸島にキリスト教団が沢山出ているようなもの。地下鉄を昨日の逆コース。グーグルマップの位置情報で方向が確認でき安心。サンパウロの高層群が車窓からみえる。バスにのる。ターミナルが分からないが、中で繋がり、GOLはターミナル2のようだ。 サンパウロアスンシオン間のチケットは往復で購入した。どういうわけか、片道より安いのだ。電子搭乗券はキチンと機能しており、フィジーのようなことはなくたすかる。 パラグアイ川が見えてきた。アルゼンチンとの国境だ。まず両替。50ユーロが、345000になり桁が混乱してしまう。明後日の早朝便のため、出発ロビーの様子を確認。次にタクシー受付窓口、街まで定額で120000 約2000円。カードも使え、一割増になるので、現金払い。 ホテルはなかなかのもの。

関連記事

リンチェン・ドルマ・タリン著三浦順子訳『チベットの娘』を読んで

河口慧海のチベット旅行記だけではなく、やはりチベット人の書物も読まないとバランスが取れないと思い、標

記事を読む

174 República de Honduras  COPAN

サンサルバドルの空港で、コロナウィルスがどうのとうるさかった。私は日本人だといい、エルサドバド

記事を読む

綏芬河→牡丹江→哈爾濱の香坊駅へ スマホ配車と客引きが混在する街

綏芬河→牡丹江 https://photos.google.com/share/AF1QipOHU

記事を読む

北中米旅行記⑨ ティオティワカンとソロカ 11月14日~16日

◎11月13日   夕刻メキシコに入国。これで90か国・地域である。とりあえず数え方は数が増加でき

記事を読む

北中米旅行記② 11月6日 バハマ諸島・ナッソー

11月6日 バハマ諸島連邦首都ナッソー  マイアミからバハマ諸島連邦に入国。面積140万haは

記事を読む

179 ガンビアBLJ資料

目黒区青葉台 セネガル大使館   <必要書類>有効期限が6ヶ月以上あるパスポート(見開き

記事を読む

1-5 2018年9月11日 チームネクストモスクワ調査4 Fusion Auto社 ワールドカップ対策

Fusion Auto社Fusion Auto社は6月14日~8月15日にロシアで開催されたワール

記事を読む

Travel writing through practical tourism research on Mongolia Tsaatan ethnic (especially concerning with a reindeer and shermanism) 3

21th August It was decided to try to reindeer m

記事を読む

北中米旅行記⑤ トランプ大統領誕生のキューバ二日目 11月9日

 ゆっくり休めた。それでも目覚めは4時半。朝食は7時から。テレビでトランプさんが勝利と報道している。

記事を読む

Is it true only 10% of Americans have passports?

http://www.bbc.com/news/world-us-canada-42586638

記事を読む

no image
Quora  漢字が日本に来た頃、日本に中国語を話す人はいたのでしょうか?漢字は書き言葉ですが、漢字すなわち古代中国語を話す必要性は日本にあったのでしょうか?蔡 鸟 (Cai Niao),

漢字が日本に来た頃、日本に中国語を話す人はいたのでしょうか?漢字は書

no image
Quora 靴を脱ぐ 日本の一般的な家には絶対あるが、アメリカにはないものは何ですか?

日本の一般的な家には絶対あるが、アメリカにはないものは何です

no image
Quora もと占いのために使われていたはずの甲骨文字が漢字になって中国各地に広まったのはどうしてですか?蔡 鸟 (Cai Niao),

もともと占いのために使われていたはずの甲骨文字が漢字になって中国各地

no image
QUORA 

ゴルバチョフ書記長ってソ連邦を潰した人でもありますよね。人格的に優れ

no image
QUORA 日本から出たことがないのでわからないのですが、日本は本当に治安が良いのですか?松本 貴典 (Takanori Matsumoto),

日本から出たことがないのでわからないのですが、日本は本当に治安が良い

→もっと見る

PAGE TOP ↑